津波の過去最高の高さは何メートル?メカニズム・スピード・1mの威力はどれくらい?

津波の過去最高の高さは何メートル?メカニズム・スピード・1mの威力はどれくらい?


※イメージ

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、津波により甚大な被害をもたらしました。

 

防潮堤を乗り越え、町を次々と丸ごと飲み込んだ衝撃的な映像は、今でも記憶に残っている人も多いことでしょう。

 

津波情報では、30cmや1mなどの津波が何分後に到達するなどということも聞かれますが、小規模だからといって安心していないでしょうか?

 

いざという時のために、津波の1メートルの威力はどれほどなのか、過去最高の高さは何メートルなのか、メカニズムなどと一緒に理解を深めておきましょう。

 



津波の過去最高の高さは何メートル?

津波の過去の高さとなったのは、2011年3月11日に発生した東日本大震災です。

 

岩手県大船渡市の綾里湾に到達した40.1メートル

 

この高さの数値は、遡上高(海岸から内陸へ津波がかけ上がった高さ)になります。

 

津波の高さは平常時の潮位を基準に決められていて、遡上高は環境によってかなりの高さになることがあるんですよね。


出典:気象庁 https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq26.html#tsunami_8

東日本大震災の発生前までは、1986年の明治三陸津波のおよそ38.2メートル

 

くしくも、同じ岩手県の大船渡市によるものでした。

 

もちろん、記録として残っているデータ(約100年間)によるものであり、わたしたちが知らない時代にはさらに高い津波が起きていた可能性はあります。

 

そのため研究・調査が進み明らかになってくれば、今後さらに高い津波が記録として残されることもあるのです。

 

ちなみに、歴史上で一番高い津波と言われているのは、なんと524メートルという圧倒的な数値となっています。

 

津波のメカニズム

津波は、地震や火山活動、海底や海岸の地形の急激な変化などにより起こります。

 

もし、隕石が衝突することになれば大規模な津波が発生する可能性もありますね。


出典:気象庁 https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/tsunami/generation.html

断層のズレによる地震が発生した時には、海底面が上下します。

 

上下に働く力は、海底から海面までの海全体を上下に動かし、うねりとなって周囲に広がっていきます

 

強風などによる高潮や高波は海面付近で起こりますが、津波は海が全体で襲いかかってくるのでそのパワーは計り知れません。

 

また、津波は岩手県の太平洋側によく見られるリアス式海岸のように、複雑に入り組んだ地形では高い波が起きやすくなってしまうんです。

水深:160m
湾幅:900m
津波高:1m

 

この条件の地域に津波が押し寄せてきたとします。

 

その後、津波が進み、津波の位置が次の条件になったと仮定すると。

水深:10m
湾幅:100m
津波高:6m

 

津波の高さは6メートルにまでなってしまうことがあります。


津波のスピード


出典:気象庁 https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/tsunami/generation.html

では、津波のスピードはどれくらいなのか。

 

上の図を見ても分かるように、水深が5キロメートルという深さではジェット機並のスピードで移動します。

 

水深10メートルの浅瀬に到達しても時速36キロメートルというスピード。

 

つまり、浅瀬に来たのを目撃してから逃げようとしても、すでに遅いということなんですよね。

 

そのための津波警報なわけですが、なかには自分は大丈夫だろうと楽観的に考えてしまう「楽観性バイアス」「正当性バイアス」という心理が働きやすいので注意です。

 

また、「30cmの津波が到達する可能性がある」と言われてもそんなにたいしたことないと感じる、数値による錯覚にも注意しておくようにしましょう。

 

30cmでも、踏ん張ることができずにすぐに流されてしまいますので、甘く考えるのは厳禁です。

 

 

津波てんでんこ」という言葉もあるように、まずは「自分の命は自分で守る」ために、すぐに避難をするようにしましょう。

 

津波1メートルの威力はどれくらい?

津波は、1メートル以下でも強い破壊力を持っているので、絶対に楽観的に考えてはいけません。

 

海底から海面までの海全体が押し寄せてくるということを理解しておきましょう。

 

30センチメートルくらいの高さの津波でも、人は立っていられずに流されてしまいます。

 

気象庁では0.2メートル(20センチメートル)以上が予想された時に津波注意報を発表するとしています。

 

1メートルともなれば、家の一部が破壊されるほどの威力となるんです。


出典:気象庁 https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq26.html#tsunami_3

まとめ

津波による過去最高の遡上高は、2011年の東日本大震災で岩手県大船渡市の綾里湾に到達した40.1メートル。

 

津波は、1メートル以下でも巻き込まれれば無事では済まない破壊力を持ち、スピードも時速36キロと逃げ切れるものではありません。

 

大規模地震はいつどこで起きるか分かりません。

 

いざという時のための避難場所の位置をしっかりと把握し、普段から備えておくように心がけておきましょう。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

津波の関連記事

 

 

首都直下地震関連

 

南海トラフ巨大地震関連



地震・噴火・火災カテゴリの最新記事