【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

地震や気象災害に見舞われたときに、防災グッズを用意しておきましょうと、よく耳にしますよね。

 

もちろん用意しておくことが大切なのですが、「備蓄」や「持ち出しリュック」だけで十分だと思ってはいませんか?

 

防災グッズは、以下の4つにおいて準備しておくことがベストとなるので覚えておいてください。

・持ち出しリュック
・家での備蓄
・普段の持ち歩きバッグ
・職場での備え

 

そのなかで、ここでは「職場での備え」について、必要なモノを紹介していきます。



職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

ここで推奨する職場に置いておきたい防災グッズは以下となります。

 

災害時には動きやすいスニーカー、服、両手が自由になるリュック、スマホが使えなくなったときの情報源としてラジオ、コンパスなどは重要となります。

職場の備えに必要なモノ
・スニーカー
・動きやすい服
・リュック
・ラジオ
・コンパス
・水2リットル×3本
・ペットシーツ×100枚
・45リットルゴミ袋×50枚
・新聞紙×3部
・マスク
・米(2合)、パスタ
・レトルトカレー、缶詰、パスタソースなど
・カップスープ、フリーズドライみそ汁など
・ゼリーの飲料×3つほど
・チョコレート
・ガスコンロ

災害はどこで起きるか分からない

災害が発生したときに、職場にいる可能性も十分に考えられますよね。

 

大きな会社であれば、社員用のために防災の備えがされているかもしれませんが、大きくない会社では備えが万全でないことが多いです。

 

家や家族が心配だからといって帰宅困難者になってまで帰るのは、非常識とされているので注意してください。

 

 

寝泊まりくらいは会社でもできますが、地震の場合はトイレを使うのはNGなので注意しなくてはなりません。

 

地中で下水の配管が壊れていたら、汚水が逆流したり他の階に汚水が垂れ流されることが考えられるのです。

 

断水していれば水も飲めませんし、人が多ければストレスも溜まりトラブルも発生することでしょう。

 

そんなことにならないためにも、職場にも防災グッズを用意しておく必要があるのです。

72時間生き延びる備えを

とはいえ、ずっと職場にいるわけにもいきませんし、会社に待機していても救助が来ることはないと思っておいてください

 

もし、水や食べるものがなくても、若い人が多く体力もあるだろうからという理由でレスキューは後回しになってしまいます。

 

災害時には、72時間が生き延びるためのボーダーラインとされ、それ以上の時間が経ってしまうと助かる確率はかなり下がってしまいます。

 

体力を温存しながら、様子を見計らって脱出するようにしましょう。

 

72時間を生き延びるためには、しっかりと水分をとって食べなくてはならないので、何を用意しておいたら良いのかをお伝えしておきます。



職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

72時間を生きるためには、絶対に欠かせないのは以下のモノになります。

・水分
・食べ物
・トイレ

 

人が生きるために必要な水は、1日3リットルと言われていて、2リットルが飲料水として、1リットルが身体を洗ったり食器を洗ったりするために必要になります。

 

そのため、とりあえず72時間(3日間)を過ごすために水は2リットル×3本で十分です。

 

食べ物は、レトルトを中心に3日分を用意しておけば良いのですが、できれば部署に1つくらいガスコンロがほしいところ。

 

トイレに関しては、非常用トイレを3日分(1人1日5回分×3日ほど)用意しておくか、手作りでつくっても良いでしょう。

 

手作りの非常用トイレでは、45リットルのゴミ袋、ペットシーツ、新聞紙があれば作れますので↓の記事を参考にしてみてください。

 

職場の備えに必要なモノ
・スニーカー
・動きやすい服
・リュック
・ラジオ
・コンパス
・水2リットル×3本
・ペットシーツ×100枚
・45リットルゴミ袋×50枚
・新聞紙×3部
・マスク
・米(2合)、パスタ
・レトルトカレー、缶詰、パスタソースなど
・カップスープ、フリーズドライみそ汁など
・ゼリーの飲料×3つほど
・チョコレート
・ガスコンロ

まとめ

防災グッズは、「家の備蓄」や「持ち出しリュック」だけでなく、職場にも備えておくようにすれば、もしものときにも冷静に対応することができ心にも余裕が生まれます。

 

デッドラインと呼ばれる72時間を生き延びるためには、正しい行動が求められ、被災時の行動も重要となるので学んでおくようにしてください。

 

でないと、72時間がどうこうという話ではなくなってしまいますし、「備え」というのは防災グッズだけではなく知識も含まれているんです。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

 

首都直下地震関連

 

南海トラフ巨大地震関連



防災カテゴリの最新記事