【長崎県】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は?

【長崎県】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は?


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

長崎県で注意しておきたいのは、主に陸域・沿岸部の浅い場所太平洋側沖合で発生する地震になります。

 

太平洋側から離れた位置にある長崎ですが、南海トラフ巨大地震の影響を受けることが予想されています。

 

特に、諫早湾の干拓地周辺は周りに比べて弱い地盤となっているため、他の地域より揺れが大きくなる可能性が指摘されています。

 

また、雲仙周辺や福岡県には活断層がひしめき合っていますので、突然の大地震にも警戒しておきたいところです。

 

ここでは、長崎県に影響する地震についてどんなものがあるのか、沖と陸それぞれについて把握しておきましょう。



地震の種類



出典:気象庁 https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/jishin/about_eq.html

地震には、大きく分けて「プレート間地震」「プレート境界地震」と呼ばれるものとプレート内で起こるもので「プレート内地震」に分けられます。

 

そしてさらに細かく分類されているんですよね。

プレート間地震(境界)
収束型
・海溝型地震
・衝突型境界地震
発散型
すれ違い型
プレート内地震
大陸プレート内地震(内陸地殻内地震・断層型地震)
・逆断層
・正断層
・横ずれ断層
海洋プレート内地震
・スラブ内地震
・アウターライズ地震

 

長崎県の海溝型地震(30年以内の発生確率)


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

長崎県に被害をもたらす可能性のある海溝型地震は南海トラフ巨大地震安芸灘~伊予灘~豊後水道日向灘で発生する地震になります。

 

南海トラフは、マグニチュード8~9クラスの巨大地震になる可能性があり、その発生確率は70~80%とかなり高くなっています。

 

太平洋から離れているため直接的な津波による被害は考えにくいですが、過去には津波が発生し長崎県に到達したこともあります。

 

また、揺れによる家の倒壊や、家具・塀・自動販売機などの転倒による怪我に注意しておかなければいけません。

 

特に四国沖~紀伊半島沖が震源となった場合に被害を受けると予想されます。

 

また、安芸灘~伊予灘~豊後水道、日向灘では中規模の地震が起きる可能性があり、南海トラフよりも近い場所のため被害を受けやすくなっています。

 

地震 マグニチュード 発生確率
(30年以内)
南海トラフ 南海トラフで発生する地震 8~9クラス 70~80%
日向灘および南西諸島海溝周辺 安芸灘~伊予灘~豊後水道 6.7~7.4 40%程度
南西諸島周辺の浅発地震の対象領域
九州から南西諸島周辺のやや深発地震の対象領域

※2020年1月1日算出
出典:地震本部 長崎県の地震活動の特徴
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_kyushu-okinawa/p42_nagasaki/

長崎県の活断層地震(30年以内の発生確率)


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

長崎県には雲仙付近に活断層がひしめき合っています

 

お隣の福岡県では放射状に活断層が並び、ズレが生じれば長崎県にも影響を与えるでしょう。

 

いずれも発生確率は低くなっていますが、活断層があるということはいつ地震が起きてもおかしくありません。

 

活断層のなかには今まで存在が分かっていないものもあると考えられているので、確率が低いからといって油断してはいけません。

 

また、九州の他の県、四国、本州を震源とする地震の影響も受けることが予想されますので、広い範囲にわたって情報をチェックしておくようにしましょう。

 

地震 マグニチュード 発生確率
(30年以内)
①水縄断層帯 7.2程度 ほぼ0%
②佐賀平野北縁断層帯 7.5程度 不明
③布田川断層帯・
日奈久断層帯
布田川断層帯
(布田川区間)
7.0程度 ほぼ0%
布田川断層帯
(宇土区間)
7.0程度 不明
布田川断層帯
(宇土半島北岸区間)
7.2程度以上 不明
日奈久断層帯
(高野−白旗区間)
6.8程度 不明
日奈久断層帯
(日奈久区間)
7.5程度 ほぼ0~6%
日奈久断層帯
(八代海区間)
7.3程度 ほぼ0~16%
④雲仙断層群 北部 7.3程度以上 不明
南東部 7.1程度 不明
南西部 (北部) 7.3程度 ほぼ0~4%
南西部 (南部) 7.1程度 0.5~1%

※2020年1月1日算出
出典:地震本部 長崎県の地震活動の特徴
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_kyushu-okinawa/p42_nagasaki/



地震・断層の活動サイクル

南海トラフ
最後の地震活動
東海・東南海:1944年12月7日(昭和東南海地震)
南海:1946年12月21日(昭和南海地震)
地震の間隔:88.2年

 

日向灘および南西諸島海溝周辺
安芸灘~伊予灘~豊後水道
最後の地震活動:2001年3月24日(芸予地震)
地震の間隔:約67年

 

南西諸島周辺の浅発地震の対象領域
最後の地震活動:1938年6月10日(マグニチュード7.7)
地震の間隔:ー

 

九州から南西諸島周辺のやや深発地震の対象領域
最後の地震活動:1911年6月15日(マグニチュード8.0)
地震の間隔:ー

 

①水縄断層帯
最後の地震活動:679年1月21日~2月18日のいずれか(筑紫地震)
地震の間隔:14,000年程度

 

②佐賀平野北縁断層帯
最後の地震活動:不明
地震の間隔:約6,600年~19,000年程度(断層面の傾斜を60~80°程度と仮定した場合)

 

③布田川断層帯・日奈久断層帯
布田川断層帯(布田川区間)
最後の地震活動:2016年4月14日、4月16日(熊本地震)
地震の間隔:8,100年~26,000年程度

布田川断層帯(宇土区間)
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

布田川断層帯(宇土半島北岸区間)
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

日奈久断層帯(高野−白旗区間)
最後の地震活動:約1,600年前以後、約1,200年前以前
地震の間隔:不明

日奈久断層帯(日奈久区間)
最後の地震活動:約8,400年前以後、約2,000年前以前
地震の間隔:3,600年~11,000年程度

日奈久断層帯(八代海区間)
最後の地震活動:約1,700年前以後、900年前以前(744年の肥後の地震の可能性あり)
地震の間隔:1,100年~6,400年程度

 

④雲仙断層群
北部
最後の地震活動:約5,000年前以後
地震の間隔:不明

南東部
最後の地震活動:約7,300年前以後
地震の間隔:不明

南西部(北部)
最後の地震活動:約2,400年前~11世紀
地震の間隔:約2,500年~4,700年

南西部(南部)
最後の地震活動:約4,500年前~16世紀
地震の間隔:約2,100年~6,500年

長崎県の過去の主な地震

太平洋

684年:土佐その他南海・東海・西海地方 マグニチュード8 1/4
887年:五畿・七道 マグニチュード8.0~8.5
1096年:畿内・東海道 マグニチュード8.0~8.5
1099年:南海道・畿内 マグニチュード8.0~8.3
1361年:畿内・土佐・阿波 マグニチュード8 1/4~8.5
1498年:東海道全般 マグニチュード8.2~8.4
1605年:慶長地震 マグニチュード7.9
1707年:宝永地震 マグニチュード8.6
1854年:安政東海地震 マグニチュード8.4
1854年:安政南海地震 マグニチュード8.4
1944年:東南海地震 マグニチュード7.9
1946年:南海地震 マグニチュード8.0

 

南海トラフは、東海~九州まで強い揺れを引き起こし、津波、火災などによって甚大な被害をもたらしてきました。

 

東海エリア・東南海エリアで地震が起きた場合はあまり大きな影響は受けない予想されますが、南海エリアが連動して大地震になった場合には強い揺れを感じることでしょう。

 

1707年10月28日の宝永地震(マグニチュード8.6)では、49日後に富士山が大噴火が起こっています。

 

この地震では、長崎県でも津波による被害を受けています。

 

 

1854年12月23日には安政東海地震(マグニチュード8.4)が起き、翌24日には安政南海地震(マグニチュード8.4)が発生。

 

1944年には東南海地震(マグニチュード7.9)が起き、2年後の1946年には南海地震(マグニチュード8.0)が発生しています。

 

予言めいた噂も多い南海トラフ巨大地震ですが、信じるか信じないかは別として警戒は怠らないようにしていざという時に備えておくことが大切です。

 

 

安芸灘~伊予灘~豊後水道

1649年:安芸・伊予 マグニチュード7.0
1686年:安芸・伊予 マグニチュード7.2
1854年:安芸・伊予 マグニチュード7.4
1857年:安芸・伊予 マグニチュード7.3
1905年:芸予地震 マグニチュード7.2
1949年:安芸灘 マグニチュード6.2
2001年:芸予地震 マグニチュード6.7
2014年:伊予灘 マグニチュード6.2

 

17世紀から6回ほどマグニチュード6.7以上の地震が起きている安芸灘~伊予灘~豊後水道エリア。

 

南海トラフ巨大地震ほど大きな揺れにはなりにくいですが、近くで発生するため被害を受けやすくなっています。

 

1686年に起きたマグニチュード7.2の地震では広島県で2名が亡くなっていますが、今後起これば九州で被害が出る可能性も十分あります。

 

1905年の芸予地震(マグニチュード7.2)では、やはり広島で犠牲者11名、負傷者160名(全体で177名)となりました。

 

2001年の芸予地震(マグニチュード6.7)では、全体で2名が犠牲となり、福岡堅では負傷者12名(全体で261名)が出ています。

 

平均の発生サイクルは約67年と短く、マグニチュード6.7以下の中規模の地震も起きています。

 

日向灘

プレート間地震
1662年:マグニチュード7.6
1968年:マグニチュード7.5

ひとまわり小さいプレート間地震
1931年:マグニチュード7.1
1941年:マグニチュード7.2
1961年:マグニチュード7.0
1984年:マグニチュード7.1

 

1968年の日向灘の地震(マグニチュード7.5)では、高知・宮崎・愛媛・熊本・大分に被害をもたらしています。

 

大分や熊本では被害を受けているため、佐賀県に影響が出る可能性もりますし、警戒しておきたいエリアとなっています。

 

津波
室戸岬:124cm
土佐清水:236cm
宿毛:224cm
臼杵:135cm
蒲江:240cm
北浦:150cm
細島:132~198cm

 

一回り小さな地震においても、1984年の地震(マグニチュード7.1)で延岡・土佐清水で28cm、室戸岬で20cmの津波が観測されています。

 

陸域の地震

679年:筑紫 マグニチュード6.5~7.5
1657年:長崎 マグニチュード不明
1700年:壱岐・対馬 マグニチュード7.0
1703年:小城付近 マグニチュード不明
1725年:長崎・平戸 マグニチュード6.0
1792年:島原半島眉山 マグニチュード6.4
1828年:天草・長崎・五島 マグニチュード6.0
1831年:佐賀市付近 マグニチュード6.1
1889年:熊本 マグニチュード6.3
1898年:福岡市付近 マグニチュード6.0、5.8
1909年:宮崎県西部 マグニチュード7.6
1922年:千々石湾 マグニチュード6.9、6.5 2回発生
1984年:千々石町(現・雲仙市)最大マグニチュード5.7の群発地震
1991年:周防灘 マグニチュード6.0
2005年:福岡県西方沖 マグニチュード7.0
2006年:大分県西部 マグニチュード6.2
2016年:熊本地震(前震)マグニチュード6.5
2016年:熊本地震(本震)マグニチュード7.3

 

1700年の壱岐・対馬(マグニチュード7.0)での地震では、家屋も多く崩壊し、石垣やお墓なども倒壊しています。

 

壱岐近海で起きたとされていますが、震源は不明ですが朝鮮半島にも被害が起き、壱岐近海には活断層がある可能性もあると言われています。

 

1792年5月の島原半島眉山(マグニチュード6.4)の地震は、噴火活動が影響したものとされ、眉山が大崩落を起こして有明海になだれ込みました。

 

その影響で津波が発生し、甚大な被害をもたらしたと言われています。

 

それ以前から群発地震が起きていて、1791年12月の地震では2名が犠牲に。

 

雲仙岳は1991年に大噴火を起こしていますが、1年半前から小規模の群発地震が起こっています。

 

その他、1922年の千々石湾(マグニチュード6.9、6.5)、1984年に現・雲仙市の千々石町で最大5.7の群発地震が発生しています。

 

千々石湾の地震では、犠牲者26名、負傷者39名、家屋は195棟が全壊となっています。

 

近年では、2005年に起きた福岡県西方沖(マグニチュード7.0)の地震により、長崎県で2名の負傷者、家屋の全壊が1棟となっています。

まとめ

長崎県では、南海トラフ、安芸灘~伊予灘~豊後水道、日向灘などで発生する大地震に警戒しておく必要があります。

 

また、雲仙付近では過去にも噴火と関連のある地震が何度も起きていますので、群発地震が起きた場合には噴火による被害にも警戒するようにしましょう。

 

南海トラフ巨大地震
マグニチュード:8~9クラス
30年以内の発生確率:70~80%

安芸灘~伊予灘~豊後水道
マグニチュード:6.7~7.4
30年以内の発生確率:40%程度

日向灘プレート間のひとまわり小さいプレート間地震
マグニチュード:7.1前後
30年以内の発生確率:70~80%

 

いざという時に逃げ遅れたり避難生活が困難になったりしないように、普段から防災グッズ、備蓄、被災時の行動、避難場所の確認、家族での話し合いなど、しっかりと備えておくようにしましょう。

 

持ち出しリュックをまだ備えていない方は、早めに用意しておくことをおすすめします。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

 

首都直下地震関連

 

南海トラフ巨大地震関連



地震・噴火・火災カテゴリの最新記事