【防災】「津波てんでんこ」4つの本当の意味とは?7割の人が知らず自分勝手だと批判的

【防災】「津波てんでんこ」4つの本当の意味とは?7割の人が知らず自分勝手だと批判的

あなたは「津波てんでんこ」という言葉をご存じでしょうか?

 

2011年3月11日に起きた東日本大震災で注目されたこともあり、聞いたことがあるという方も多いかもしれませんが、その意味まで理解している人はどれだけいるでしょうか。

 

簡単に言ってしまえば、津波てんでんことは、「津波が来たら、とにかく逃げろ!」という意味となります。

 

地震による津波は、どれくらいの被害をもたらすのか実際に来てみなければ分かりません。

 

そのため、誰かの間違った指示で「津波は来ないから安心だ」と納得してしまうのではなく、自分の命は自分で守れという意味も込められているのです。

 



津波てんでんこの4つの意味とは?

津波てんでんこ」は、元々1990年に岩手県の現・宮古市で行われた「第1回 全国沿岸市町村津波サミット」で、津波災害史研究家・山下文男氏などによるパネルディスカッションにから誕生した言葉となります。

 

しかし、三陸地方などでは、昔から同じ意味の言葉は存在し、「津波が起きたら命てんでんこ」と言われてきたとされています。

 

ちなみに、「てんでんこ=各自」という意味で、各々で命を守るために逃げましょうということを指しています。

 

津波てんでんこは、防災教訓としても取り上げられることが多く、4つの意味合いが含まれていると言われているのです。

 

その4つの意味というのが以下となります。

①自助原則の強調
②他者避難の促進
③相互信頼の事前醸成
④生存者の自責感の低減

自助原則の強調

自分の命は、自分で守るという意味。

 

津波から助かるためには、他の人を助けることだけに構っていないで個々でバラバラに素早く逃げようということになります。

 

そのため、非情ともとられ、他人のことを考えていないものであると批判されがちなものでもあります。

他者避難の促進

逃げなくても大丈夫だと思っている人や気づいてない人たちへ、逃げるべきだと認識させ避難を促す意味を含んでいます。

 

自分の命を優先して逃げることで、他の人の目にも触れることになります。

 

それに気づいた人が、つられて逃げるという構図になるわけなのです。

相互信頼の事前醸成

地震や津波が発生してない日常から、大切な人と信頼関係を築いておくという意味。

 

いつ発生するか分からないからこそ、いざという時にはそれぞれバラバラになってでも逃げようと、話し合っておくことが重要になります。

 

大切な人もどこかで必ず逃げていると分かっていれば、少しでも心に余裕が持てることになるでしょう。

生存者の自責感の低減

自分が逃げ切って、大切な人が犠牲になった場合に抱えてしまう自責の念を減らすという意味。

 

もちろん、大切な人が亡くなってしまえば辛い思いがあるのは当然です。

 

しかし、事前に「津波が起きたらてんでんこ」で逃げようと話し合っておくことで、約束として決めていたのだから仕方がないと、自分を苦しめる思いを薄めることにつながります。

津波てんでんこに7割の人が知らない!賛同しない!?

2014年に、767人が回答したインターネットのアンケートでは、約7割の人が「津波てんでんこ」というこ言葉を聞いたことがないと答えています。

 

2011年の東日本大震災のあと、防災の意識が高まり「津波てんでんこ」も話題になっていましたが、実のところそうでもないということが分かっています。

 

もちろん、対象者が少ないためはっきりとは言えませんが、実際に経験していない人にとっては、どこか他人事という意識があるのかもしれませんね。

 

また、聞いたことがないという人たちに、津波てんでんこを説明し賛同するかを尋ねると、その7割が賛同しないと答えたといいます。

 

自分勝手な考えだという間違った意味で捉える人が多く、そういった誤解が広まったことで理解されにくくなっている実情があるのです。

 

実際に被害にあった人たちの中にも、本来の意味を理解していないという人は多かったとのこと。

 

自分の命はもちろんのこと、周りに知らせながら逃げることで周りも助け、普段から話し合っておけばそれぞれの人が避難する意識を高めるということを認識してもらいたい。


津波てんでんこの事例

2011年以降、メディアに取り上げられることが多くなった津波てんでんこ。

 

そのきっかけとなった事例が、「釜石の奇跡」と呼ばれる行動でした。

 

津波てんでんこを標語にして防災訓練を実施していた釜石市の小学校で、登校していた生徒のほぼ全員が助かったのです。

 

先生たちの指示よりも早く、生徒たちが津波が来ることを周囲に知らせながら避難

 

高齢者や保育園児なども助けながら無事に逃げ切りました

 

普段の訓練が活かされた実例であり、釜石市では「釜石の奇跡」ではなく「釜石の出来事」としています。

 

しかし、釜石でも多くの人が亡くなり、「釜石の悲劇」が起きていたことも忘れてはいけません。

 

 

まとめ

「津波てんでんこ」には、津波が来たら命を守るために、各々素早く逃げましょう!という意味が込められています。

 

これは、周りを見捨てて自分だけ助かろうという意味として誤解されがちですが、周囲に知らせながらそれぞれ助かるために避難を促し、普段からも話し合っておこうという意味も含まれています。

 

「釜石の奇跡」の小学生たちの行動を聞いた後でも、「津波てんでんこ」を否定するのかどうなのか・・・普段から意識しておくことの大切さを教えられますよね。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

 

首都直下地震関連

 

南海トラフ巨大地震関連



防災カテゴリの最新記事