エルニーニョ/ラニーニャ現象の原因とは?インド洋にも影響?交互に発生した過去一覧

エルニーニョ/ラニーニャ現象の原因とは?インド洋にも影響?交互に発生した過去一覧


※イメージ

異常な気候をもたらす原因の一つとしてよく耳にする「エルニーニョ現象」「ラニーニャ現象」。

 

聞いたことはあってもいったい何なのか分からないという方も多いことでしょう。

 

日本でも気象災害が多くなってきていることもあり、理解しておくことも大切な現象と言えるかもしれません。

 

ここでは、改めてエルニーニョ/ラニーニャ現象についてお伝えしていきます。



エルニーニョ現象とは?


出典:気象庁
https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/whatiselnino.html

エルニーニョはスペイン語で「イエス・キリスト」を意味し、中部・東部太平洋の赤道付近の海水温が1年以上にわたって上昇する現象のこと。

 

通常、太平洋では東風(貿易風)は吹き、赤道付近の暖められた海水が太平洋の西側に寄せられます。

 

代わりに東側に冷たい海水が流れ、太平洋の海水は西高東低の状態になる。

 

しかし、エルニーニョが発生すると東風が弱まることで、暖かい海水が東側に戻り海水の温度が上昇するのです。

 

エルニーニョが発生すると、通常よりも1~2度はど海水温が上がり、1997年~1998年にかけて起こったエルニーニョ現象は3.6度も上昇しています。

 

エルニーニョ現象によって西側の海水温が低くなると、日本付近の太平洋高気圧が弱まり気圧が低くなり、気温が低く雨が多い夏になる。

 

逆に冬は、寒気が入りにくくなり全体的に暖かく、日本海側で晴れが多く太平洋側で曇りや雨・雪が多くなる。

ラニーニャ現象とは?


出典:気象庁
https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/whatiselnino.html

ラニーニャはスペイン語で「女の子」を意味し、太平洋の赤道付近の東側で海水温が低下する現象のこと。

 

エルニーニョとは逆の現象であるため、もたらされる異常気象も反対となることが多い。

 

エルニーニョ現象が発生したときには、アマゾンで大雨になりますが、ラニーニャ現象が発生すると雨は少なくなり干ばつが起きてしまいます。

 

特に太平洋の赤道付近でなりやすく、他の地域では必ずしも起こるというわけでもありません。

エルニーニョ/ラニーニャ現象の原因とは?


出典:気象庁
https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/whatiselnino.html

エルニーニョ現象、ラニーニャ現象が起こる原因は、はっきりとしたものは解明されていません

 

しかし、発生する数ヶ月前に東から西に流れる海流が弱くなったり反転したりすることが分かっています。

 

この原因も「何らかの影響」としか分かっていませんが、反転した後にフィリピン付近では西風が弱まることも観測されています。

 

また、月による潮汐力の変化が影響しているという節もありますが、確定には至っていません。

 

地球温暖化と関連があると認識している人が多いかと思いますが、実はまだ推論のレベルまでとなっています。

 

地球温暖化によってエルニーニョ現象が「強まる・増えるだろう」が現状で「強まる・増える」と断定はできないのです。



エルニーニョ/ラニーニャ現象はインド洋にも影響?


出典:気象庁
https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/whatiselnino2.html

インド洋では通常、弱い西風が吹いていて、暖かい海水が東部に位置しています。

 

しかし、エルニーニョ現象が起こるとインド洋には東風が吹き、温かい海水は西側や熱帯域に広がりを見せます。

 

日射量も増え海面を暖めることに。

 

エルニーニョ現象から約3ヶ月遅れでインド洋の海水温が高くなり、エルニーニョが終了しても約3ヶ月続きます。

 

逆にラニーニャ現象が起こると、インド洋の赤道付近では西風が収まり日射量も減少。

 

こちらも同じく約3ヶ月遅れで低くなり、ラニーニャ現象が収まってからも約3ヶ月継続されます。

 

これを「ダイポールモード現象」といいますが、エルニーニョ/ラニーニャ現象と関係なく起こることもある。

 

ダイポールモード現象は、日本にも影響を与え1994年、2001年、2006年、2007年、2008年、2010年、2012年などの夏には異常な猛暑をもたらしています。

エルニーニョ/ラニーニャ現象が交互に発生した過去一覧

エルニーニョ現象とラニーニャ現象は、基本的に交互に訪れてきた過去があります。

1949年夏~1950年夏 ラニーニャ
1951年春~1951/1952年冬 エルニーニョ
1953年春~1953/1954年冬
1954年春~1955/1956年冬 ラニーニャ
1957年春~1958年春 エルニーニョ
1962年冬~1963年春 ラニーニャ
1963年夏~1963/1964年冬 エルニーニョ
1964年春~1964/1965年冬 ラニーニャ
1965年春~1965/1966年冬 エルニーニョ
1967年秋 – 1968年春 ラニーニャ
1968年秋~1969/1970年冬 エルニーニョ
1970年春~1971/1972年冬 ラニーニャ
1972年春~1973年春 エルニーニョ
1973年夏~1974年春 ラニーニャ
1975年春~1976年春
1976年夏 – 1977年春 エルニーニョ
1977年夏 – 1978年秋 ラニーニャ
1978年冬 – 1979年夏 エルニーニョ
1979年秋~1981/1982年冬 ラニーニャ
1982年春~1983年夏 エルニーニョ
1983年秋~1984年春 ラニーニャ
1984年夏~1985年秋
1986年秋~1987/1988年冬 エルニーニョ
1988年春~1989年春 ラニーニャ
1991年春~1992年夏 エルニーニョ
1993年夏~1993/1994年冬
1994年夏~1996年冬 ラニーニャ
1997年春~1998年春 エルニーニョ
1998年夏~2000年春 ラニーニャ
2002年夏 – 2002/2003年冬 エルニーニョ
2005年秋~2006年春 ラニーニャ
2006年夏~2007年春 エルニーニョ
2007年夏~2008年春 ラニーニャ
2009年夏~秋 エルニーニョ
2009年冬~2010年春
2010年夏~2011年秋 ラニーニャ
2012年夏~冬 エルニーニョ
2013年春~秋 ラニーニャ
2014年夏~冬
2015年夏~2016年春 エルニーニョ
2016年夏~2017年春 ラニーニャ
2017年秋~2018年春
2018年秋~2019年夏 エルニーニョ

まとめ

エルニーニョ現象は、太平洋の東側の海水温度が上昇し、西側が低くなる現象。

 

ラニーニャ現象は、反対に東側の海水温が低くなる現象で、2つの現象は交互に訪れる傾向があります。

 

地球温暖化との関連はまだ解明されていませんが、世界的に異常気象をもたらすとして研究が続けられている重要な現象となっています。

 

日本でも冷夏、暖冬にも関わることがあり、地球の反対側で起きているからといって見過ごすことはできないものとなっているのです。
 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

 

あわせて読みたい



気象・環境カテゴリの最新記事