【首都直下地震】火災が起きた時の被害想定の規模は?犠牲者の7割が火事?

【首都直下地震】火災が起きた時の被害想定の規模は?犠牲者の7割が火事?

首都直下地震が起こった場合、犠牲者2万3,000人被害額95兆円という想定が国から示されています。

 

地震は、揺れによる被害だけでなく数々の二次災害をもたらしますよね。

 

特に「火災」と「津波」は、東日本大震災でも甚大な被害をもたらしました。

 

では、首都直下地震での火災による被害想定はどれほどの規模となるのでしょうか見ていきましょう。

 



首都直下地震での火災の想定被害の規模はどれくらい?

首都直下地震による全体の被害想定は

犠牲者:2万3,000人
要救助:7万2,000人
全壊・焼失家屋:61万棟
被害額:95兆円

となっています。

 

これは、冬の夕方に風速8m/秒の風が吹いている時のケースで、要救助は冬の深夜を想定しています。

犠牲者の7割が火災によるもの

最大の犠牲者2万3,000人のうち、7割1万6,000人が火災によるものという驚きの結果が出ています。

 

では、なぜそんなに火災が影響してしまうのでしょうか?

想定される原因
・同時多発のため消防の限界
・木造の建物の密集
・帰宅困難者が知らぬ間に火災に巻き込まれる
・停電回復の後の通電火災

などなど。

 

これらは、対策を徹底すれば10分の1まで被害を抑えられるとも想定されています。

 

とはいえ、以下の区は特に火災の被害にあうのではないかと言われています。

 

いずれも、木造の建物が多く密集(木密地域)しているという特徴があります。

・練馬区
・杉並区
・中野区
・世田谷区
・大田区
・江戸川区
・葛飾区
・足立区

 

どこも下町という印象で、昔ながらの建物が多く残っている地域です。

 

逃げるための通路も狭いため逃げ遅れてしまう可能性が高く、救急や消防も近寄れないという欠点があるので助け出せないという悲劇も起こってしまうのです。

 

また、帰宅困難者が道路に溢れかえってしまうので、近くで火災が発生してしまうと逃げ遅れてしまうことも考えられます。

都心南部直下地震の建物被害

揺れによる全壊は約17万5,000棟と圧倒的な数の家が倒壊してしまう想定がなされています。

 

揺れの他、液状化、急傾斜地崩壊、火災など、二次災害による被害も多いんです。

 

以下の表は、国が発表した都心南部直下地震の建物の想定被害になります。

項目 冬・深夜 夏・昼 冬・夕方
揺れによる全壊 約17万5,000棟
液状化による全壊 約2万2,000棟
急傾斜地崩壊による全壊 約1,100棟
地震火災による焼失 風速3m/秒 約4万9,000棟 約3万8,000棟 約26万8,000棟
風速8m/秒 約9万棟 約7万5,000棟 約41万2,000棟
全壊及び焼失棟数合計 風速3m/秒 約24万7,000棟 約23万6,000棟 約46万5,000棟
風速8m/秒 約28万7,000棟 約27万2,000棟 約61万棟
ブロック塀等転倒数 約8万件
自動販売機転倒数 約1万5,000件
屋外落下物が発生する建物数 約2万2,000棟

都心南部直下地震の人的被害

建物倒壊による犠牲者は冬の深夜で約1万1,000人、火災では冬の夕方で約1万6,000人

 

全体では冬の夕方による約2万3,000人が最大で、負傷者数も約12万3,000人という数字が出されています。

 

以下の表は、国が発表した都心南部直下地震の人的の想定被害になります。

項目 冬・深夜 夏・昼 冬・夕方
建物倒壊等 約1万1,000人 約4,400人 約6,400人
(うち屋内収容物移動・転倒、落下物) (約1,100人) (約500人) (約600人)
急傾斜地崩壊 約100人 約30人 約60人
地震火災 風速3m/秒 約2,100~3,800人 約500~900人 約5,700~1万人
風速8m/秒 約3,800~7,000人 約900~1,700人 約8,900~1万6,000人
ブロック塀等の転倒、屋外落下物 約10人 約200人 約500人
犠牲者数 合計 風速3m/秒 約1万3,000~1万5,000人 約5,000~5,400人 約1万3,000~1万7,000人
風速8m/秒 約1万5,000~1万8,000人 約5,500~6,200人 約1万6,000~2万3,000人
負傷者数 約10万9,000~11万3,000人 約8万7,000~9万人 約11万2,000~12万3,000人
要救助者(自力脱出困難者) 約7万2,000人 約5万4,000人 約5万8,000人



まとめ

首都直下地震のみならず、地震が起きれば火災にもつながってしまうということを日頃から肝に銘じておく必要があります。

 

最大の犠牲者2万3,000人のうち、7割1万6,000人が火災によるものとなっています。

 

ガスコンロや電化製品の取り扱い、消火器の場所、火の元栓など、確認を怠らないようにしておきましょう。

 

小さな火元であれば自分で消火できるかもしれませんが、逃げ遅れては元も子もないので一番は命を優先することを忘れずに。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

 

首都直下地震関連

 

南海トラフ巨大地震関連



地震・噴火・火災カテゴリの最新記事