ハリケーンの歴代最強の最大風速や中心気圧は?カトリーナは何位?

ハリケーンの歴代最強の最大風速や中心気圧は?カトリーナは何位?

ハリケーンは、大西洋北部・南部、太平洋北東部・北中部などで発生する熱帯低気圧が発達したものです。

 

台風が最大風速17m/s以上なのに比べ、ハリケーンは33m/s以上とより強いものとなる。

 

そんなハリケーンですが、一番強いのが発生したのはいつだったのでしょうか?

 

被害が大きかったハリケーンとしてよく耳にする「カトリーナ」は歴代何位のものだったのかもあわせて確認してみましょう。


過去の記録的ハリケーン

ハリケーンには名前があり、地域によって監視する機関が異なります。

 

名前に関する詳細はこちらの記事を参考にしてみてください↓

 

記録的な被害をもたらしたハリケーンは多くありますが、1780年のグレートハリケーンの時はまだ命名することがなく、「巨大ハリケーン」という意味となる。

 

1900年のガルベストンも、上陸した場所の名前となっています。

 

また、基本的に記録的な被害となったハリケーンの名前は、名前リストから外され、名前を聞けば何年のハリケーンだと分かるようにしている。

1780年:Great Hurricane(グレートハリケーン)
1900年:Galveston 1900(ガルベストン)
1969年:Camille(カミール)
1980年:Allen(アレン)
1988年:Gilbert(ギルバート)
1989年:Hugo(ヒューゴ)
1992年:Andrew(アンドリュー)
1992年:Iniki(イニキ)
1998年:Mitch(ミッチ)
1999年:Floyd(フロイド)
2003年:Isabel(イザベル)
2004年:Ivan(アイバン)
2004年:Jeanne(ジーン)
2005年:Katrina(カトリーナ)
2005年:Rita(リタ)
2005年:Wilma(ウィルマ)
2007年:Dean(ディーン)
2007年:Felix(フェリックス)
2008年:Gustav(グスタフ)
2008年:Ike(アイク)
2012年:Sandy(サンディ)
2015年:Patricia(パトリシア)
2017年:Harvey(ハービー)
2017年:Irma(イルマ)

ハリケーンの歴代最強の最大風速や中心気圧は?

記録的なハリケーンの中で、歴代最強の最大風速はどれほどのものだったのでしょうか?

 

歴代最強のハリケーン(大西洋)は2005年のWilma(ウィルマ)882ヘクトパスカルとなります。

 

上陸時は54m/sでしたが、海上では最大風速83m/sという数値を叩きだしていました。

 

歴代1位の台風での瞬間最大風速は、1966年(昭和41年)9月5日の第2宮古島台風の85.3m/sですが、それと同等の風が起きています。

 

しかし、第2宮古島台風の瞬間ではない最大風速は60.8m/sで、台風の歴代最高でも69.8m/sです。

 

台風の風速に関する詳細はこちら↓

ハリケーン・ウィルマ
被害地域:カリブ海域
発生:2005年10月16日
消滅:2005年10月27日
最大風速:83m/s
最低気圧:882hPa(ヘクトパスカル)
犠牲者:19人
被害額:294億ドル(2005年)



カトリーナは何位?ベスト10

では、ウィルマと同じ2005年に発生したカトリーナは歴代何位なのでしょうか?

順位ハリケーンの名称発生年中心気圧(hPa)
1ウィルマ
(Wilma)
2005882
2ギルバート
(Gilbert)
1988888
3“労働日”
(Labor Day)
1935892
4リタ
(Rita)
2005895
5アレン
(Allen)
1980899
6カミーユ
(Camille)
1969900
7カトリーナ
(Katrina)
2005902
8ミッチ
(Mitch)
1998905
ディーン
(Dean)
2007
10マリア
(Maria)
2017908

カトリーナは歴代7位でしたが、恐ろしいことに1位、4位、7位の3つは2005年に発生

ハリケーン・ウィルマ
被害地域:カリブ海域
発生:2005年10月16日
消滅:2005年10月27日
最大風速:83m/s
最低気圧:882hPa(ヘクトパスカル)
犠牲者:19人
被害額:294億ドル(2005年)
ハリケーン・リタ
被害地域:バハマ, フロリダ南部, キューバ
発生:2005年9月18日
消滅:2005年9月26日
最大風速:78m/s
最低気圧:895hPa(ヘクトパスカル)
犠牲者:97人〜125人
被害額:120億ドル(2005年)
ハリケーン・カトリーナ
被害地域:アメリカ南東部
発生:2005年8月23日
消滅:2005年8月31日
最大風速:77.8m/s
最低気圧:902hPa(ヘクトパスカル)
犠牲者:453~1,335人、間接的に335名
被害額:1,080億ドル(2005年)

8月から3ヶ月連続で大規模な被害をもたらすハリケーンが発生。

 

特にカトリーナの犠牲者数、被害額は圧倒的。

 

日本を含め世界から義援金が集められ、企業単位でも寄付が行われました。

 

また、キューバは2006年に行われた第1回WBCで準優勝となり、賞金の全額を被災地へ寄付したというエピソードも。

まとめ

大西洋のハリケーン最強は、2005年のウィルマで、中心気圧882ヘクトパスカル、最大風速83m/sでした。

 

2005年には、カトリーナ、リタ、ウィルマと3ヶ月連続で起きるという事態に。

 

日本も毎年のように被害を受けていますが、今後、大型ハリケーンレベルが台風として発生したらどうなってしまうのでしょうか・・・。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ



気象・環境カテゴリの最新記事