【中央構造線断層帯】大地震が起きると言われている地域はどこ?過去の事例も紹介

【中央構造線断層帯】大地震が起きると言われている地域はどこ?過去の事例も紹介

大地震が起きる可能性があると言われている「中央構造線」をご存じでしょうか?

 

長らく地震が起きていない地域を「地震空白域」といい、地震が発生しやすいとされています。

 

地震空白域に中央構造線も含まれているため、いつ地震が起きても不思議ではありません。

 

ここでは、中央構造線が通っている地域はどこなのか、過去の事例とともに紹介していきます。

 



中央構造線とは


出典:Batholith – Topographic data: NASA‘s SRTM-1 30m Mesh (ver.3 2014)Rendering software: KASHMIR 3D, パブリック・ドメイン, リンクによる

中央構造線」とは、九州東部~関東にかけて連なっている世界最大級の断層・断層帯です。

 

図の赤いラインの位置が中央構造線となり、関東から西全体に連なっていることが分かります。

 

中央構造線の北側を「西南日本の内帯」、南側を「西南日本の外帯」と呼びます。

 

また、中央構造線は活断層の「中央構造線断層帯」のことを指すこともあり、長さ約360キロメートルとかなり長いものとなっているんです。

 


出典:地震本部 https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_katsudanso/rs_chuokozosen/

 

中央構造線断層帯は、以下の区間に分けることができるとしています。

①金剛山地東縁区間
②五条谷区間
③根来区間
④紀淡海峡~鳴門海峡区間
⑤讃岐山脈南縁東部区間
⑥讃岐山脈南縁西部区間
⑦石鎚山脈北縁区間
⑧石鎚山脈北縁西部区間
⑨伊予灘区間
⑩豊予海峡~湯布院区間

大地震が起きると言われている地域はどこ?

地震 マグニチュード 発生確率
(30年以内)
中央構造線断層帯 ①金剛山地東縁区間 6.8程度 ほぼ0%
②五条谷区間 7.3程度 不明
③根来区間 7.2程度 0.008~0.3%
④紀淡海峡~鳴門海峡区間 7.5程度 0.005~1%
⑤讃岐山脈南縁東部区間 7.7程度 1%以下
⑥讃岐山脈南縁西部区間 8.0程度もしくはそれ以上 ほぼ0~0.4%
⑦石鎚山脈北縁区間 7.3程度 0.01%以下
⑧石鎚山脈北縁西部区間 7.5程度 ほぼ0~12%
⑨伊予灘区間 8.0程度もしくはそれ以上 ほぼ0%
⑩豊予海峡~湯布院区間 7.8程度 ほぼ0%

※2020年1月1日算出
出典:地震本部 https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_katsudanso/rs_chuokozosen/

中央構造線断層帯はどこでも地震の可能性があります。

 

ぞれぞれ6つの範囲での予想を、断層帯の過去の地震活動とともに見ていきましょう。

中央構造線断層帯
①金剛山地東縁区間
最後の地震活動:1世紀以後、3世紀以前
地震の間隔:約6,000年~7,600年

②五条谷区間
最後の地震活動:約2,200年前以後、7世紀以前
地震の間隔:不明

③根来区間
最後の地震活動:7世紀以後、8世紀以前
地震の間隔:約2,500年~2,900年

④紀淡海峡~鳴門海峡区間
最後の地震活動:約3,100年前以後、2,600年前以前
地震の間隔:約4,000年~6,000年

⑤讃岐山脈南縁東部区間
最後の地震活動:16世紀以後
地震の間隔:約900年~1,200年

⑥讃岐山脈南縁西部区間
最後の地震活動:16紀以後、17世紀以前
地震の間隔:約1,000年~1,500年

⑦石鎚山脈北縁区間
最後の地震活動:15世紀以後
地震の間隔:約1,500年~1,800年

⑧石鎚山脈北縁西部区間
最後の地震活動:15世紀以後、18世紀以前
地震の間隔:約700年~1,300年

⑨伊予灘区間
最後の地震活動:17世紀以後、19世紀以前
地震の間隔:約2,900年~3,300年

⑩豊予海峡~湯布院区間
最後の地震活動:17世紀頃
地震の間隔:約1,600年~1,700年

 

愛媛県の伊方町にある、四国電力の伊方原子力発電所の近くの海底に活断層2つが存在します。

 

2000年おきにマグニチュード7~7.6の地震が発生すると予想されています。

 

地元住民は、原子炉設置の許可を取り消すため、国を相手に裁判を起こしています。

 

活断層が地震を引き起こす可能性があるとして訴えていましたが、地震の活断層説に否定的な意見が多かった時代だったため受け入れられなかったのでした。

 

伊方原発と断層帯の距離は6キロメートルほどで、高知大学教授・岡村真氏によれば、もしマグニチュード8の地震が起きた場合には震度7になる可能性が高いとのこと。

 



過去の地震も紹介

中央構造線での主な過去の地震についてお伝えします。

 

715年:三河国・遠江国 M.6.5~7.5

1596年9月1日 慶長伊予地震 M7.0
1596年9月4日 慶長豊後地震 M7.0~7..8
1596年9月5日 慶長伏見地震 M7.0~7.1

1619年 八代 M6.0

1649年3月13日 伊予灘 M7.0前後

1703年 豊後湯布院 M6.0

1718年 三河、伊那遠山谷 M6.5

1723年 肥後 M6.5

1725年 高遠・諏訪 M6.0~6.5

1889年 熊本 M6.3

1894年~1895年 阿蘇 M6.3

1895年1月18日 茨城県南部 M7.2

1916年 新居浜付近 M5.7

1916年 熊本県中部 M6.1

1975年 阿蘇北部 M6.1

1975年 大分県中部 M6.4

2016年4月14日 熊本地震・前震 M6.2 震度7
2016年4月16日 熊本地震 M7.0 震度7

 

記憶に新しい熊本地震は、1995年の阪神淡路大震災から6回しか発生していない震度7を2回も記録。

 

活断層型(内陸型)の地震で、マグニチュード6.5以上を記録してすぐにより大きな地震が発生したのは、地震観測が始まった1885年以降で初めてのことでした。

 

また、1596年9月の3つの慶長地震は連動型の地震であり、一つの地震が周囲の断層に影響をもたらす可能性もあるのです。

 

中央構造線での地震は、大きな規模のものが連発する可能性があるということを示しています。

 

中央構造線の付近に住んでいる人はもちろんのこと、それに限らず防災の備えはしておきたいところです。

 

もしもの時、逃げ遅れることがないよう、あらゆるシーンでの想定や避難場所の確認を忘れずに。

まとめ

地震が長期にわたって起こっていない地震空白域となっている中央構造線および中央構造線断層帯

 

近年では熊本地震はこれにあたりますが、その他の地域でも大規模地震の可能性は十分にあります。

 

数1,000年のサイクルで発生する場所も多いですが、それが明日ということも考えられます。

 

防災グッズの準備、家族での話し合い、避難場所の確認、地震が起きてからでは遅いので事前にしっかり備えておきましょう。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ
 

首都直下地震関連

 

南海トラフ巨大地震関連



地震・噴火・火災カテゴリの最新記事