【京都府】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は?

【京都府】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は?


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

京都府では、主に陸域の浅いところで発生する地震に注意しておく必要があります。

 

ただし、太平洋側にある「南海トラフ」で巨大地震が起きれば、強い揺れによる被害を受ける恐れがあるので警戒しておくようにしましょう。

 

南海トラフ巨大地震は、今後30年以内に70~80%の確率で発生するとされています。

 

京都府に影響する海溝や活断層の地震にはどんなものがあり、その発生確率はどの程度なのか把握しておきましょう。



地震の種類



出典:気象庁 https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/jishin/about_eq.html

地震には、大きく分けて「プレート間地震」「プレート境界地震」と呼ばれるものとプレート内で起こるもので「プレート内地震」に分けられます。

 

そしてさらに細かく分類されているんですよね。

プレート間地震(境界)
収束型
・海溝型地震
・衝突型境界地震
発散型
すれ違い型
プレート内地震
大陸プレート内地震(内陸地殻内地震・断層型地震)
・逆断層
・正断層
・横ずれ断層
海洋プレート内地震
・スラブ内地震
・アウターライズ地震

 

京都府の海溝型地震(30年以内の発生確率)


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

京都府に被害をもたらす可能性のある海溝型地震は、南海トラフによる巨大地震です。

 

もちろん、京都は日本海側にあるため、太平洋側の南海トラフで巨大地震が発生しても津波による被害は受けません。

 

しかし、揺れに伴う建物の崩壊によって負傷する可能性があり、普段から備えておくことが大切になってきます。

 

国では、南海トラフ巨大地震で甚大な被害を受けるとされる「南海トラフ地震防災対策推進地域」に京都府は指定されています。

 

国の予測では、マグニチュード8~9の南海トラフ巨大地震70~80%の確率で発生すると予測しているのでいつ起こっても不思議でないのです。

 

30年以内という曖昧な表現であるため危機感を持ちにくい印象を持ってしまいますが、東日本大震災前の太平洋沖での発生確率はかなり高いものとなっていたため軽く見ていると後悔することになるかもれません。

 

 

地震マグニチュード発生確率
(30年以内)
南海トラフ南海トラフで発生する地震8~9クラス70~80%

※2020年1月1日算出
出典:地震本部 京都府の地震活動の特徴
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_kinki/p26_kyoto/

京都府の活断層地震(30年以内の発生確率)


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

京都府の陸地での地震は、主に浅い場所で起きるとされています。

 

どの活断層も確率は低い数値となっていますが、いつ起きても不思議ではありません。

 

活断層は、今までに存在を知られていないものもあると考えられ、突然断層にズレが生じて大地震になる可能性もあります。

 

また、隣接する府県で発生する地震の影響も受けてしまいますので、京都府以外の情報もチェックしておくようにしましょう。

 

地震マグニチュード発生確率
(30年以内)
①養老-桑名-四日市断層帯8程度ほぼ0~0.7%
②布引山地東縁断層帯西部7.4程度ほぼ0~1%
東部7.6程度0.001%
③鈴鹿東縁断層帯7.5程度ほぼ0~0.07%
④鈴鹿西縁断層帯7.6程度0.08~0.2%
⑤頓宮断層7.3程度1%以下
⑥木津川断層帯7.3程度ほぼ0%
⑦琵琶湖西岸断層帯北部7.1程度1~3%
南部7.5程度ほぼ0%
⑧三方・花折断層帯三方断層帯7.2程度ほぼ0%
花折断層帯(北部)7.2程度不明
花折断層帯(中南部)7.3程度ほぼ0~0.6%
⑨三峠・京都西山断層帯上林川断層7.2程度不明
三峠断層7.2程度0.4~0.6%
京都西山断層帯7.5程度ほぼ0~0.8%
⑩山田断層帯主部7.4程度不明
郷村断層帯7.4程度もしくはそれ以上ほぼ0%
⑪京都盆地-奈良盆地断層帯南部
(奈良盆地東縁断層帯)
7.4程度ほぼ0~5%
⑫生駒断層帯7.0~7.5程度ほぼ0~0.2%
⑬有馬-高槻断層帯7.5程度(±0.5)ほぼ0~0.04%
⑭上町断層帯7.5程度2~3%
⑮大阪湾断層帯7.5程度0.004%以下
⑯六甲・淡路島断層帯主部(六甲山地南縁~淡路島東岸区間)7.9程度ほぼ0~1%
主部(淡路島西岸区間)7.1程度ほぼ0%
先山断層帯6.6程度ほぼ0%
⑰山崎断層帯那岐山断層帯7.3程度0.06~0.1%
主部(北西部)7.7程度0.09~1%
主部(南東部)7.3程度ほぼ0~0.01%
草谷断層6.7程度ほぼ0%
⑱中央構造線断層帯金剛山地東縁区間6.8程度ほぼ0%
五条谷区間7.3程度不明
根来区間7.2程度0.008~0.3%
紀淡海峡~鳴門海峡区間7.5程度0.005~1%

※2020年1月1日算出
出典:地震本部 京都府の地震活動の特徴
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_kinki/p26_kyoto/



地震・断層の活動サイクル

南海トラフ
最後の地震活動
東海・東南海:1944年12月7日(昭和東南海地震)
南海:1946年12月21日(昭和南海地震)
地震の間隔:88.2年

 

①養老-桑名-四日市断層帯
最後の地震活動:13~16世紀
地震の間隔:1,400年~1,900年

 

②布引山地東縁断層帯
西部
最後の地震活動:約28,000年前~400年前
地震の間隔:17,000年程度

東部
最後の地震活動:11,000年前頃
地震の間隔:25,000年程度

 

③鈴鹿東縁断層帯
最後の地震活動:約3,500年前~2,800年前
地震の間隔:約6,500年~12,000年

 

④鈴鹿西縁断層帯
最後の地震活動:不明
地震の間隔:約18,000年~36,000年

 

⑤頓宮断層
最後の地震活動:約10,000年前~7世紀
地震の間隔:約10,000年以上

 

⑥木津川断層帯
最後の地震活動:1854年7月9日(伊賀上野地震)
地震の間隔:約4,000年~25,000年

 

⑦琵琶湖西岸断層帯
北部
最後の地震活動:約2,800~2,400年前
地震の間隔:約1,000年~2,800年

南部
最後の地震活動:1185年8月13日(文治地震)
地震の間隔:約4,500年~6,000年

 

⑧三方・花折断層帯
三方断層帯
最後の地震活動:1622年6月16日(寛文近江・若狭地震)
地震の間隔:約3,800年~6,300年

花折断層帯(北部)
最後の地震活動:1622年6月16日(寛文近江・若狭地震)
地震の間隔:不明

花折断層帯(中南部)
最後の地震活動:2,800年前~6世紀
地震の間隔:4,200年~6,500年

 

⑨三峠・京都西山断層帯
上林川断層
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

三峠断層
最後の地震活動:3世紀以前
地震の間隔:5,000年~7,000年程度

京都西山断層帯
最後の地震活動:約2,400年前~2世紀
地震の間隔:3,500年~5,600年

 

⑩山田断層帯
主部
最後の地震活動:約3,300年前以前
地震の間隔:不明

郷村断層帯
最後の地震活動:1927年3月7日(北丹後地震)
地震の間隔:約10,000年~15,000年

 

⑪京都盆地-奈良盆地断層帯南部(奈良盆地東縁断層帯)
最後の地震活動:約11,000年前~1,200年前
地震の間隔:約5,000年

 

⑫生駒断層帯
最後の地震活動:1,600年前~1,000年前頃
地震の間隔:3,000年〜6,000年

 

⑬有馬-高槻断層帯
最後の地震活動:1596年9月5日(慶長伏見地震)
地震の間隔:1,000年~2,000年程度

 

⑭上町断層帯
最後の地震活動:約28,000年前~9,000年前
地震の間隔:8,000年程度

 

⑮大阪湾断層帯
最後の地震活動:9世紀以後
地震の間隔:約3,000年~7,000年程度

 

⑯六甲・淡路島断層帯
主部(六甲山地南縁~淡路島東岸区間)
最後の地震活動:16世紀
地震の間隔:900年~2,800年程度

主部(淡路島西岸区間)
最後の地震活動:1995年1月17日(兵庫県南部地震・阪神淡路大震災)
地震の間隔:1,800年~2,500年程度

先山断層帯
最後の地震活動:11世紀~17世紀初頭
地震の間隔:5,000年~10,000年程度

 

⑰山崎断層帯
那岐山断層帯
最後の地震活動:不明
地震の間隔:24,000年~53,000年程度

主部(北西部)
最後の地震活動:868年8月3日(播磨国地震)
地震の間隔:約1,800年~2,300年

主部(南東部)
最後の地震活動:4世紀~6世紀
地震の間隔:3,900年程度

草谷断層
最後の地震活動:4世紀~12世紀
地震の間隔:6,500年程度

 

⑱中央構造線断層帯
金剛山地東縁区間
最後の地震活動:1世紀以後、3世紀以前
地震の間隔:約6,000年~7,600年

五条谷区間
最後の地震活動:約2,200年前以後、7世紀以前
地震の間隔:不明

根来区間
最後の地震活動:7世紀以後、8世紀以前
地震の間隔:約2,500年~2,900年

紀淡海峡~鳴門海峡区間
最後の地震活動:約3,100年前以後、2,600年前以前
地震の間隔:約4,000年~6,000年

京都府の過去の主な地震

太平洋

684年:土佐その他南海・東海・西海地方 マグニチュード8 1/4
887年:五畿・七道 マグニチュード8.0~8.5
1096年:畿内・東海道 マグニチュード8.0~8.5
1099年:南海道・畿内 マグニチュード8.0~8.3
1361年:畿内・土佐・阿波 マグニチュード8 1/4~8.5
1498年:東海道全般 マグニチュード8.2~8.4
1605年:慶長地震 マグニチュード7.9
1707年:宝永地震 マグニチュード8.6
1854年:安政東海地震 マグニチュード8.4
1854年:安政南海地震 マグニチュード8.4
1944年:東南海地震 マグニチュード7.9
1946年:南海地震 マグニチュード8.0
1983年:日本海中部地震(日本海・マグニチュード7.7)
2004年:紀伊半島南東沖 マグニチュード7.4

 

南海トラフは、過去の歴史を見てもこれまでにも多くの巨大地震が起こっています。

 

1707年10月28日の宝永地震(マグニチュード8.6)では、49日後に富士山が大噴火を起こし歴史的な大災害となっています。

 

 

南海トラフは東海エリアや東南海エリアと、南海エリアが別々に連動して起こることが多く、1854年12月23日には安政東海地震(マグニチュード8.4)が起き、翌24日には安政南海地震(マグニチュード8.4)が発生しています。

 

1944年には東南海地震(マグニチュード7.9)が起き、その2年後の1946年には南海地震(マグニチュード8.0)が発生。

 

予言めいた噂も多い南海トラフ巨大地震ですが、切迫しているとも言われていますので警戒しておくに越したことはありませんね。

 

 

また、秋田県の能代沖で1983年に発生した日本海中部地震(マグニチュード7.7)では、津波が京都まで到達したこともあるため、遠く離れた場所での地震にも注意しておきたいところです。

陸域の地震

827年:京都 マグニチュード6.5~7.0
938年:京都・紀伊 マグニチュード7.0
976年:山城・近江 マグニチュード6.7以上
1185年:近江・山城・大和 マグニチュード7.4
1317年:京都 マグニチュード6.5~7.0
1325年:近江北部・若狭 マグニチュード6.5
1449年:山城・大和 マグニチュード5 3/4~6.5
1586年:天正地震 マグニチュード7.8
1596年:慶長伏見地震 マグニチュード7 1/2±1/4
1662年:山城・大和・河内・和泉・摂津・丹後・若狭・近江・美濃・伊勢・駿河・三河・信濃 マグニチュード7 1/4~7.6
1830年:京都および隣国 マグニチュード6.5
1854年:伊賀上野地震 マグニチュード7 1/4±1/4
1891年:濃尾地震 マグニチュード8.0
1899年:紀伊大和地震:マグニチュード7.0
1909年:江濃地震(姉川地震)マグニチュード6.8
1927年:北丹後地震 マグニチュード7.3
1936年:河内大和地震 マグニチュード6.4
1952年:吉野地震 マグニチュード6.7
1968年:綾部市付近 マグニチュード5.6
1995年:兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)マグニチュード7.3
2018年:大阪府北部地震 マグニチュード6.1

 

京都で起きた地震は、古くは976年の山城・近江での地震(マグニチュード6.7以上)があり、京都と滋賀であわせて約50名が犠牲となっています。

 

1596年の慶長伏見地震(マグニチュード7 1/2±1/4)では、有馬−高槻断層帯によって引き起こされたものと考えられ、伏見城天守が崩壊し約600名が命を落としました。

 

1830年の京都および隣国での地震(マグニチュード6.5)では、京都で280名が犠牲となり、負傷者は1,300名にもおよんでいます。

 

また、奈良県で起きたやや深い震源となった1952年の吉野地震(マグニチュード6.7)では府内で1名が亡くなっています。

 

1995年の兵庫県南部地震(阪神淡路大震災・マグニチュード7.3)では、合計で6,434名の犠牲者、3名の行方不明者、43,792名の負傷者を出しています。

 

近年では、2018年の大阪府北部地震(マグニチュード6.1)では犠牲者は出なかったものの府内で25名が負傷する被害を受けています。

 

このように、他府県を震源とする地震の影響を受けることがあるため、周囲の活断層の位置や過去の地震についても確認しておくようにしましょう。

まとめ

京都府は日本海側に位置していますが、「南海トラフ地震防災対策推進地域」に指定されている県でもあるので警戒を怠らないようにしてください。

 

南海トラフ巨大地震
マグニチュード:8~9クラス
30年以内の発生確率:70~80%

 

日本海側での地震によって津波が到達する可能性もあり、過去には秋田県で起きた地震の影響を受けたこともあります。

 

陸域においては、京都府内のみなならず大阪、奈良、兵庫などの影響により犠牲者を伴う被害となることもあるため、他県だからといって楽観視しないようにしてください。

 

いざという時に逃げ遅れたり避難生活が困難になったりしないように、普段から防災グッズ、備蓄、被災時の行動、避難場所の確認、家族での話し合いなど、しっかりと備えておくようにしましょう。

 

持ち出しリュックをまだ備えていない方は、早めに用意しておくことをおすすめします。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

 

首都直下地震関連

 

南海トラフ巨大地震関連



地震・噴火・火災カテゴリの最新記事