【滋賀県】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は?

【滋賀県】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は?


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

滋賀県には海がないため津波の心配はありませんが、どの地域で発生する可能性があるのか気になるところですよね。

 

太平洋側にも比較的近いため「南海トラフ」での巨大地震の影響を受けることが考えられます。

 

南海トラフ巨大地震は、今後30年以内に70~80%の確率で起こると言われているので、警戒しておかなければなりません。

 

ここでは、滋賀県に影響する地震にはどんなものがあり、その発生確率はどれくらいあるのか見ていきます。



地震の種類



出典:気象庁 https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/jishin/about_eq.html

地震には、大きく分けて「プレート間地震」「プレート境界地震」と呼ばれるものとプレート内で起こるもので「プレート内地震」に分けられます。

 

そしてさらに細かく分類されているんですよね。

プレート間地震(境界)
収束型
・海溝型地震
・衝突型境界地震
発散型
すれ違い型
プレート内地震
大陸プレート内地震(内陸地殻内地震・断層型地震)
・逆断層
・正断層
・横ずれ断層
海洋プレート内地震
・スラブ内地震
・アウターライズ地震

 

滋賀県に関わる海溝型地震(30年以内の発生確率)


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

滋賀県では、太平洋側に位置する南海トラフで発生する巨大地震の影響を受けることが予想されています。

 

国では、マグニチュード8~9の南海トラフ巨大地震70~80%で発生するとの見解を示しています。

 

今の科学では地震をピンポイントで予測することはできないとされているため、どうしても30年以内という曖昧な表現を使わなくてはなりません。

 

とはいえ、東日本大震災前の太平洋沖での発生確率はかなり高いものとなっていたんですよね。

 

 

そのことからも重要な目安となりますし、津波がないからと安心するのではなく日頃からの備えを十分に心がけておきましょう。

 

地震マグニチュード発生確率
(30年以内)
南海トラフ南海トラフで発生する地震8~9クラス70~80%

※2020年1月1日算出
出典:地震本部 滋賀県の地震活動の特徴
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_kinki/p25_shiga/

滋賀県の活断層地震(30年以内の発生確率)


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

滋賀県の陸地での地震は、主に浅い場所で起きるとされています。

 

いずれも低い数値を示していますが、起きる可能性が0ではないので注意しておく必要があります。

 

また、県内だけでなく、周囲の県にも活断層がかなり多く分布しているため、いきなりズレが生じて大地震が引き起こされることも考えられます。

 

活断層は、存在の知られていないものもあると考えられているので思わぬところで被害に遭う可能性もあります。

 

県内や周辺の府県にはどんな活断層があるのかを把握しておくようにしましょう。

 

地震マグニチュード発生確率
(30年以内)
①濃尾断層帯温見断層(北西部)6.8程度ほぼ0%
温見断層(南東部)7.0程度不明
主部(根尾谷断層帯)7.3程度ほぼ0%
主部(梅原断層帯)7.4程度ほぼ0%
主部(三田洞断層帯)7.0程度不明
揖斐川断層帯7.1程度不明
武儀川断層7.3程度不明
②柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯主部(北部)7.6程度ほぼ0%
主部(中部)6.6程度不明
主部(南部)7.6程度不明
浦底-柳ヶ瀬山断層帯7.2程度不明
③野坂・集福寺断層帯野坂断層帯7.3程度ほぼ0%もしくはそれ以上
集福寺断層6.5程度不明
④湖北山地断層帯北西部7.2程度ほぼ0%
南東部6.8程度ほぼ0%
⑤養老-桑名-四日市断層帯8程度ほぼ0~0.7%
⑥伊勢湾断層帯主部(北部)7.2程度ほぼ0%
主部(南部)6.9程度ほぼ0~0.002%
白子-野間断層7.0程度0.2~0.8%
⑦鈴鹿東縁断層帯7.5程度ほぼ0~0.07%
⑧鈴鹿西縁断層帯7.6程度0.08~0.2%
⑨布引山地東縁断層帯西部7.4程度ほぼ0~1%
東部7.6程度0.001%
⑩頓宮断層7.3程度1%以下
⑪木津川断層帯7.3程度ほぼ0%
⑫琵琶湖西岸断層帯北部7.1程度1~3%
南部7.5程度ほぼ0%
⑬三方・花折断層帯三方断層帯7.2程度ほぼ0%
花折断層帯(北部)7.2程度不明
花折断層帯(中南部)7.3程度ほぼ0~0.6%
⑭三峠・京都西山断層帯上林川断層7.2程度不明
三峠断層7.2程度0.4~0.6%
京都西山断層帯7.5程度ほぼ0~0.8%
⑮京都盆地-奈良盆地断層帯南部
(奈良盆地東縁断層帯)
7.4程度ほぼ0~5%
⑯生駒断層帯7.0~7.5程度ほぼ0~0.2%
⑰有馬-高槻断層帯7.5程度(±0.5)ほぼ0~0.04%
⑱上町断層帯7.5程度2~3%
⑲六甲・淡路島断層帯主部(六甲山地南縁~淡路島東岸区間)7.9程度ほぼ0~1%
主部(淡路島西岸区間)7.1程度ほぼ0%
先山断層帯6.6程度ほぼ0%
⑳中央構造線断層帯金剛山地東縁区間6.8程度ほぼ0%
五条谷区間7.3程度不明
根来区間7.2程度0.008~0.3%
紀淡海峡~鳴門海峡区間7.5程度0.005~1%

※2020年1月1日算出
出典:地震本部 滋賀県の地震活動の特徴
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_kinki/p25_shiga/



地震・断層の活動サイクル

南海トラフ
最後の地震活動
東海・東南海:1944年12月7日(昭和東南海地震)
南海:1946年12月21日(昭和南海地震)
地震の間隔:88.2年

 

①濃尾断層帯
温見断層(北西部)
最後の地震活動:1891年10月日28(濃尾地震)
地震の間隔:約2,200年~2,400年

温見断層(南東部)
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

主部(根尾谷断層帯)
最後の地震活動:1891年10月日28(濃尾地震)
地震の間隔:約2,100年~3,600年

主部(梅原断層帯)
最後の地震活動:1891年10月日28(濃尾地震)
地震の間隔:約14,000年~15,000

主部(三田洞断層帯)
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

揖斐川断層帯
最後の地震活動:1~10世紀
地震の間隔:不明

武儀川断層
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

 

②柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯
主部(北部)
最後の地震活動:17世紀頃
地震の間隔:約2,300年~2,700年

主部(中部)
最後の地震活動:約7,200年前~7,000年前
地震の間隔:不明

主部(南部)
最後の地震活動:約4,900年前~15世紀
地震の間隔:不明

浦底-柳ヶ瀬山断層帯
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

 

③野坂・集福寺断層帯
野坂断層帯
最後の地震活動:15~17世紀
地震の間隔:約5,600年~7,600年もしくはそれ以下

集福寺断層
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

 

④湖北山地断層帯
北西部
最後の地震活動:11~14世紀
地震の間隔:約3,000年~4,000年

南東部
最後の地震活動:15~17世紀
地震の間隔:概ね7,000年程度

 

⑤養老-桑名-四日市断層帯
最後の地震活動:13~16世紀
地震の間隔:1,400年~1,900年

 

⑥伊勢湾断層帯
主部(北部)
最後の地震活動:概ね1,000年前~500年前
地震の間隔:10,000年~15,000年程度

主部(南部)
最後の地震活動:概ね2,000年前~1,500年前
地震の間隔:5,000年~10,000程度

白子-野間断層
最後の地震活動:概ね6,500年前~5,000年前
地震の間隔:8,000年程度

 

⑦鈴鹿東縁断層帯
最後の地震活動:約3,500年前~2,800年前
地震の間隔:約6,500年~12,000年

 

⑧鈴鹿西縁断層帯
最後の地震活動:不明
地震の間隔:約18,000年~36,000年

 

⑨布引山地東縁断層帯
西部
最後の地震活動:約28,000年前~400年前
地震の間隔:17,000年程度

東部
最後の地震活動:11,000年前頃
地震の間隔:25,000年程度

 

⑩頓宮断層
最後の地震活動:約10,000年前~7世紀
地震の間隔:約10,000年以上

 

⑪木津川断層帯
最後の地震活動:1854年7月9日(伊賀上野地震)
地震の間隔:約4,000年~25,000年

 

 

⑫琵琶湖西岸断層帯
北部
最後の地震活動:約2,800~2,400年前
地震の間隔:約1,000年~2,800年

南部
最後の地震活動:1185年8月13日(文治地震)
地震の間隔:約4,500年~6,000年

 

⑬三方・花折断層帯
三方断層帯
最後の地震活動:1622年6月16日(寛文近江・若狭地震)
地震の間隔:約3,800年~6,300年

花折断層帯(北部)
最後の地震活動:1622年6月16日(寛文近江・若狭地震)
地震の間隔:不明

花折断層帯(中南部)
最後の地震活動:2,800年前~6世紀
地震の間隔:4,200年~6,500年

 

⑭三峠・京都西山断層帯
上林川断層
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

三峠断層
最後の地震活動:3世紀以前
地震の間隔:5,000年~7,000年程度

京都西山断層帯
最後の地震活動:約2,400年前~2世紀
地震の間隔:3,500年~5,600年

 

⑮京都盆地-奈良盆地断層帯南部(奈良盆地東縁断層帯)
最後の地震活動:約11,000年前~1,200年前
地震の間隔:約5,000年

 

⑯生駒断層帯
最後の地震活動:1,600年前~1,000年前頃
地震の間隔:3,000年〜6,000年

 

⑰有馬-高槻断層帯
最後の地震活動:1596年9月5日(慶長伏見地震)
地震の間隔:1,000年~2,000年程度

 

⑱上町断層帯
最後の地震活動:約28,000年前~9,000年前
地震の間隔:8,000年程度

 

⑲六甲・淡路島断層帯
主部(六甲山地南縁~淡路島東岸区間)
最後の地震活動:16世紀
地震の間隔:900年~2,800年程度

主部(淡路島西岸区間)
最後の地震活動:1995年1月17日(兵庫県南部地震・阪神淡路大震災)
地震の間隔:1,800年~2,500年程度

先山断層帯
最後の地震活動:11世紀~17世紀初頭
地震の間隔:5,000年~10,000年程度

 

⑳中央構造線断層帯
金剛山地東縁区間
最後の地震活動:1世紀以後、3世紀以前
地震の間隔:約6,000年~7,600年

五条谷区間
最後の地震活動:約2,200年前以後、7世紀以前
地震の間隔:不明

根来区間
最後の地震活動:7世紀以後、8世紀以前
地震の間隔:約2,500年~2,900年

紀淡海峡~鳴門海峡区間
最後の地震活動:約3,100年前以後、2,600年前以前
地震の間隔:約4,000年~6,000年

滋賀県の過去の主な地震

太平洋

684年:土佐その他南海・東海・西海地方 マグニチュード8 1/4
887年:五畿・七道 マグニチュード8.0~8.5
1096年:畿内・東海道 マグニチュード8.0~8.5
1099年:南海道・畿内 マグニチュード8.0~8.3
1361年:畿内・土佐・阿波 マグニチュード8 1/4~8.5
1498年:東海道全般 マグニチュード8.2~8.4
1605年:慶長地震 マグニチュード7.9
1707年:宝永地震 マグニチュード8.6
1854年:安政東海地震 マグニチュード8.4
1854年:安政南海地震 マグニチュード8.4
1944年:東南海地震 マグニチュード7.9
1946年:南海地震 マグニチュード8.0
2004年:紀伊半島南東沖 マグニチュード7.4

 

海なし県である滋賀県でも、南海トラフによる巨大地震の影響を受けることが予想されます。

 

国では、滋賀県の全域を「南海トラフ地震防災対策推進地域」に指定しています。

 

1707年10月28日に宝永地震(マグニチュード8.6)が発生し、その49日後には富士山が大噴火を起こす歴史的な災害が起きています。

 

 

1854年12月23日には安政東海地震(マグニチュード8.4)が起き、翌24日には安政南海地震(マグニチュード8.4)が発生。

 

1944年に東南海地震(マグニチュード7.9)が起き、その2年後の1946年には南海地震(マグニチュード8.0)が連動する形で発生し、県内で3名が犠牲となっています。

 

南海トラフを震源とする巨大地震はたびたび起こり、近い将来にも「南海トラフ巨大地震」が起きると言われています。

 

予言めいた噂も多い南海トラフ巨大地震ですが、切迫しているとも言われていますので警戒しておくに越したことはありませんね。

 

 

また、2004年の紀伊半島南東沖の地震(マグニチュード7.4)では負傷者が1名出ているなど、離れた地域での地震であっても少なからず被害を受けています。

 

陸域の地震

976年:山城・近江 マグニチュード6.7以上
1185年:近江・山城・大和 マグニチュード7.4
1325年:近江北部・若狭 マグニチュード6.5
1586年:天正地震 マグニチュード7.8
1596年:慶長伏見地震 マグニチュード7 1/2±1/4
1662年:山城・大和・河内・和泉・摂津・丹後・若狭・近江・美濃・伊勢・駿河・三河・信濃 マグニチュード7 1/4~7.6
1802年:伊勢・美濃・近江 マグニチュード6.5~7.0
1819年:伊勢・美濃・近江 マグニチュード7 1/4±1/4
1830年:京都および隣国 マグニチュード6.5
1854年:伊賀上野地震 マグニチュード7 1/4±1/4
1891年:濃尾地震 マグニチュード8.0
1909年:江濃地震(姉川地震)マグニチュード6.8
1952年:吉野地震 マグニチュード6.7
2018年:大阪府北部地震 マグニチュード6.1

 

滋賀県での地震はほとんどが浅い場所で発生し、活断層によるものもいくつか確認されています。

 

資料として残されている滋賀県での最古の地震は、976年に起きた山城・近江での地震で(マグニチュード6.7以上)で、県内で50名以上が犠牲になっています。

 

1185年の近江・山城・大和での地震(マグニチュード7.4)は、琵琶湖西岸断層帯で起こったとされ琵琶湖の水が減ったという記録もあり、犠牲者は多数。

 

滋賀県での最大規模の地震は、1662年の山城・大和・河内・和泉・摂津・丹後・若狭・近江・美濃・伊勢・駿河・三河・信濃での地震(マグニチュード7 1/4~7.6)で福井県にも被害がおよび800名以上が命を落としています。

 

三方・花折断層帯で起きたとされ、液状化現象の跡もあったとされています。

 

柳ヶ瀬断層では、1325年に近江北部・若狭の地震(マグニチュード6.5)があり、同じく1909年に江濃地震(姉川地震・マグニチュード6.8)が発生。

 

江濃地震では、県内で35名が犠牲となっています。

 

やや深い場所(沈み込んだフィリピン海プレート内)でも、1802年に伊勢・美濃・近江(マグニチュード6.5~7.0)、同様に1819年にもマグニチュード7 1/4±1/4の地震が発生しています。

 

周囲の県でも、1854年の伊賀上野地震(マグニチュード7 1/4±1/4)、1891年の濃尾地震(マグニチュード8.0)、1952年の吉野地震(マグニチュード6.7)とあり、滋賀県内にも影響を及ぼしています。

まとめ

滋賀県は海がないため津波の心配はありませんが、「南海トラフ巨大地震」の影響を受ける可能性が高く警戒が必要です。

 

南海トラフ巨大地震
マグニチュード:8~9クラス
30年以内の発生確率:70~80%

 

また、陸地でも過去にたびたび大地震が起きているため、発生確率が低いからといって油断は禁物です。

 

防災グッズ、備蓄、被災時の行動、避難場所の確認、家族での話し合いなど、しっかりと備えておくようにしましょう。

 

持ち出しリュックをまだ備えていない方は、早めに用意しておくことをおすすめします。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

 

首都直下地震関連

 

南海トラフ巨大地震関連



地震・噴火・火災カテゴリの最新記事