【富山県】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は?

【富山県】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は?


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

富山県は、大地震の被害を受けているという印象はありませんが、実際のところどうなのでしょうか。

 

お隣の新潟県はたびたび大地震に見舞われていますし、石川や長野など隣接する県についても注意する必要がありそうですよね。

 

2007年にも最大震度6強となった「新潟県中越沖地震」が起きていますし、今後の地震についても気になるところでしょう。

 

富山県に地震をもたらす可能性のある日本海側、陸地の活断層について発生確率を見ていきましょう。



地震の種類



出典:気象庁 https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/jishin/about_eq.html

地震には、大きく分けて「プレート間地震」「プレート境界地震」と呼ばれるものとプレート内で起こるもので「プレート内地震」に分けられます。

 

そしてさらに細かく分類されているんですよね。

プレート間地震(境界)
収束型
・海溝型地震
・衝突型境界地震
発散型
すれ違い型
プレート内地震
大陸プレート内地震(内陸地殻内地震・断層型地震)
・逆断層
・正断層
・横ずれ断層
海洋プレート内地震
・スラブ内地震
・アウターライズ地震

 

富山県の海溝型地震(30年以内の発生確率)


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

富山県では、日本海側の新潟県北部沖佐渡島北方沖に注意しておきたいところです。

 

とはいえ、30年以内の発生確率はいずれも低くなっていますし、遠く離れているのでそこまで大規模な被害を受けることはないかもしれません。

 

ただし、完全に0というものではないので、念のため注視しておくようにしましょう。

 

ちなみに、政府の地震調査研究推進本部「地震本部」では、富山県に関して日本海での発生確率は書かれていません。

 

以下の、新潟県北部沖、佐渡島北方沖は、新潟県や山形県などの発生確率で示されているものとなります。

 

地震マグニチュード発生確率
(30年以内)
日本海東縁部新潟県北部沖7.5前後ほぼ0%
佐渡島北方沖7.8程度3~6%

※2020年1月1日算出
出典:地震本部 富山県の地震活動の特徴
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_chubu/p16_toyama/

富山県の活断層地震(30年以内の発生確率)


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

富山県で地震の可能性があるのは、日本海沖よりも内陸の活断層によるものの方が多くなっています。

 

どれも低い発生確率が示されていますが、活断層が至るところに存在しているため注意しておきましょう。

 

また、活断層は知られていないものもあると考えられるため、予想されていない場所でいきなり大きなズレが起きることも考えられます。

 

地震マグニチュード発生確率
(30年以内)
①長野盆地西縁断層帯(信濃川断層帯)飯山~千曲区間7.4~7.8程度ほぼ0%
麻績区間6.8程度不明
②糸魚川-静岡構造線断層帯北部(小谷~明科)区間7.7程度0.009~16%
中北部(明科~諏訪湖南方)区間7.6程度13~30%
中南部(諏訪湖北方~下蔦木)区間7.4程度0.9~8%
南部(白州~富士見山)区間7.6程度ほぼ0~0.1%
③境峠・神谷断層帯主部7.6程度0.02~13%
霧訪山-奈良井断層帯7.2程度不明
④魚津断層帯7.3程度0.4%以上
⑤跡津川断層帯7.9程度ほぼ0%
⑥高山・大原断層帯国府断層帯7.2程度ほぼ0~5%
高山断層帯7.6程度0.7%
猪之鼻断層帯7.1程度不明
⑦牛首断層帯7.7程度ほぼ0%
⑧庄川断層帯7.9程度ほぼ0%
⑨砺波平野断層帯・
呉羽山断層帯
砺波平野断層帯(西部)7.2程度ほぼ0~2%
もしくはそれ以上
砺波平野断層帯(東部)7.0程度0.04~6%
呉羽山断層帯7.2程度ほぼ0~5%
⑩邑知潟断層帯7.6程度2%
⑪森本・富樫断層帯7.2程度2~8%

※2020年1月1日算出
出典:地震本部 富山県の地震活動の特徴
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_chubu/p16_toyama/



地震・断層の活動サイクル

日本海東縁部
新潟県北部沖
最後の地震活動:1964年6月16日(新潟地震)
地震の間隔:1,000年程度以上

 

佐渡島北方沖
地震の間隔:500~1,000年程度

 

①長野盆地西縁断層帯(信濃川断層帯)
飯山~千曲区間
最後の地震活動:1847年5月8日(善光寺地震)
地震の間隔:800年~2,500年程度

麻績区間
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

 

②糸魚川-静岡構造線断層帯
北部(小谷~明科)区間
最後の地震活動:約1,300年前以降、約1,000年前以前(762年の地震の可能性もある)
地震の間隔:1,000年~2,400年程度

中北部(明科~諏訪湖南方)区間
最後の地震活動:約1,200年前以降、約800年前以前(762年もしくは841年の地震の可能性もある)
地震の間隔:600年~800年程度

中南部(諏訪湖北方~下蔦木)区間
最後の地震活動:約1,300年前以降、約900年前以前(762年もしくは841年の地震の可能性もある)
地震の間隔:1,300年~1,500年程度

南部(白州~富士見山)区間
最後の地震活動:約2,500年前以降、約1,400年前以前
地震の間隔:4,600年~6,700年程度

 

③境峠・神谷断層帯
主部
最後の地震活動:約4,900年前~2,500年前
地震の間隔:約1,800年~5,200年

霧訪山-奈良井断層帯
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

 

④魚津断層帯
最後の地震活動:不明
地震の間隔:8,000年程度以下

 

⑤跡津川断層帯
最後の地震活動:1858年4月9日(飛越地震)
地震の間隔:約2,300年~2,700年

 

⑥高山・大原断層帯
国府断層帯
最後の地震活動:約4,700年前~300年前
地震の間隔:約3,600年~4,300年

高山断層帯
最後の地震活動:不明
地震の間隔:約4,000年程度

猪之鼻断層帯
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

 

⑦牛首断層帯
最後の地震活動:11~12世紀
地震の間隔:約5,000年~7,100年

 

⑧庄川断層帯
最後の地震活動:約3,600年~6,900年
地震の間隔:11~16世紀

 

⑨砺波平野断層帯・呉羽山断層帯
砺波平野断層帯(西部)
最後の地震活動:約6.900年前~1世紀
地震の間隔:約6,000年~12,000年もしくはそれ以下

砺波平野断層帯(東部)
最後の地震活動:約4,300年前~3,600年前
地震の間隔:3,000年~7,000年程度

呉羽山断層帯
最後の地震活動:約3,500年前~7世紀
地震の間隔:3,000年~5,000年程度

 

⑩邑知潟断層帯
最後の地震活動:約3,200年前~9世紀
地震の間隔:1,200年~1,900年程度

 

⑪森本・富樫断層帯
最後の地震活動:約2,000年前以後、4世紀以前
地震の間隔:1,700年~2,200年程度

富山県の過去の主な地震

日本海東縁部

1964年:新潟地震 マグニチュード7.5
1983年:日本海中部地震 マグニチュード7.7
2007年:新潟県中越沖地震 マグニチュード6.8

 

富山県の日本海で起きた地震は、過去に知られているものはないとされています。

 

863年に起きた越中・越後での地震は、日本海で起きたのか陸離で起きたのか不明な点があり、津波が発生したのかも不明。

 

新潟や富山で建物の倒壊などによって犠牲者が出たと言われています。

 

陸域の地震

863年:越中・越後 マグニチュード不明
1502年:越後南西部地震 マグニチュード6.5~7.0
1586年:天正地震(畿内・東海・東山・北陸諸道)マグニチュード7.8
1666年:高田地震 マグニチュード6 3/4
1751年:宝暦高田地震(越後・中越地震)マグニチュード7.0~7.4
1847年:高田地震 マグニチュード6.0前後
1847年:善光寺地震 マグニチュード7.4
1858年:飛越地震(飛騨地震)マグニチュード7.0~7.1
1891年:濃尾地震 マグニチュード8.0
1933年:能登半島 マグニチュード6.0
2004年:新潟県中越地震 マグニチュード6.8
2007年:能登半島地震 マグニチュード6.9
2010年:新潟県中越地方 マグニチュード4.9
2014年:長野県北部 マグニチュード6.7

 

1586年の天正地震(マグニチュード7.8)では、越中木船城(現・高山市)で城主をはじめ多くの人が犠牲となったとされています。

 

1858年の飛越地震(マグニチュード7.0~7.1)は、⑤跡津川断層帯で起きたとされ近くに住む集落で大きな被害となりました。

 

富山城の石垣が崩落し40~50名が亡くなったとされています。

 

山鳶崩れが発生し、常願寺川の上流でせき止めが起こり、後に決壊。

 

下流に位置する集落では、洪水の被害に遭ったといいます。

 

当時とは環境が違いすぎるため参考にならない点も多いですが・・・。

 

県内だけでなく、新潟・石川・長野・岐阜など、隣接する県での地震の影響を受けることもあるので、他県の情報もチェックしておきましょう。

まとめ

富山県で予測されている地震にはそれほど確率の高いものはありません。

 

しかし、過去には富山県を震源とする地震も起きているので、絶対に安全とは言い切れません。

 

新潟、石川、長野、岐阜の影響を受けることもあるので、注意しておきたいところです。

 

発生確率が低いからといって油断せず、防災グッズも気持ち的にもしっかりと備えておくようにしましょう。

 

持ち出しリュックをまだ備えていない方は、早めに用意しておくことをおすすめします。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

 

首都直下地震関連

 

南海トラフ巨大地震関連



地震・噴火・火災カテゴリの最新記事