【東京都】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は?

【東京都】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は?


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

東京都は、今後30年以内に70%の確率で「首都直下地震」が起きると言われています。

 

さらには「南海トラフ巨大地震」も70~80%の確率となっていますし、連動して起きてしまったら想像を絶する被害となることは間違いありません。

 

また、2011年の東日本大震災では犠牲者8名、負傷者119名と、太平洋側で巨大地震が再び発生すれば少なからず影響を受けてしまいます。

 

日本の太平洋側には日本海溝相模トラフ(首都直下地震)南海トラフとあり、東京都への地震の包囲網はトップクラス。

 

ここでは、東京都に関わってくる地震について、発生確率はどれくらいあるのか見ていきます。



地震の種類



出典:気象庁 https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/jishin/about_eq.html

地震には、大きく分けて「プレート間地震」「プレート境界地震」と呼ばれるものとプレート内で起こるもので「プレート内地震」に分けられます。

 

そしてさらに細かく分類されているんですよね。

プレート間地震(境界)
収束型
・海溝型地震
・衝突型境界地震
発散型
すれ違い型
プレート内地震
大陸プレート内地震(内陸地殻内地震・断層型地震)
・逆断層
・正断層
・横ずれ断層
海洋プレート内地震
・スラブ内地震
・アウターライズ地震

 

東京都の海溝型地震(30年以内の発生確率)


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

東京都では、相模湾~房総半島南東沖にかけてのプレート境界付近陸地の様々な深さで地震が起きる可能性があります。

 

特に、相模トラフ(首都直下地震)南海トラフなどは、近い将来に巨大地震を引き起こす可能性があるので注意する必要があります。

 

相模トラフによるマグニチュード8クラスの地震の可能性は低くなっていますが、マグニチュード6.7~7.3規模の首都直下地震は、今後30年以内に70%と高確率。

 

南海トラフ巨大地震もマグニチュード8~9が70~80%とかなり確率が高くなっています。

 

地震 マグニチュード 発生確率
(30年以内)
日本海溝沿い 超巨大地震(東北地方太平洋沖型) 9.0程度 ほぼ0%
福島県沖 7.0~7.5程度 50%程度
茨城県沖 7.0~7.5程度 80%程度
青森県東方沖から房総沖にかけての海溝寄り Mt8.6~9.0 30%程度
沈み込んだプレート内の地震 7.0~7.5程度 60~70%
房総沖
相模トラフ 相模トラフ沿いのM8クラスの地震 8クラス
(7.9~8.6)
ほぼ0~6%
プレートの沈み込みに伴うM7程度の地震
(首都直下地震)
7程度
(6.7~7.3)
70%程度
南海トラフ 南海トラフで発生する地震 8~9クラス 70~80%

※2020年1月1日算出
出典:地震本部 東京都の地震活動の特徴
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_kanto/p13_1_tokyo/

東京都の活断層地震(30年以内の発生確率)


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

東京都での活断層による大地震の発生確率はかなり低い数字となっています。

 

活断層には、存在の分かっていない活断層というのもあるとされています。

 

そのため、思わぬエリアで起きてしまう可能性もあるんですよね。

 

また、埋め立てエリアでは液状化現象が起こりやすく、下町の木密地域(木造の建物の密集地域)では火災の広がりやすいため二次災害にも注意。

 

埼玉・神奈川・千葉・山梨など、隣接する県での地震の被害を受けることもあるので、都内だけでなく広い範囲の情報をチェックしておくようにしましょう。

 

地震 マグニチュード 発生確率
(30年以内)
①深谷断層帯・綾瀬川断層
(関東平野北西縁断層帯・元荒川断層帯)
深谷断層帯 7.9程度 ほぼ0~0.1%
綾瀬川断層(鴻巣~伊奈区間) 7.0程度 ほぼ0%
綾瀬川断層(伊奈~川口区間) 7.0程度 不明
②越生断層 6.7程度 不明
③立川断層帯 7.4程度 ほぼ0.5~2%
④曽根丘陵断層帯 7.3程度 1%
⑤塩沢断層帯・
平山-松田北断層帯・
国府津-松田断層帯
(神縄・国府津-松田断層帯)
塩沢断層帯 6.8程度以上 4%以下
平山-松田北断層帯 6.8程度 0.09~0.6%
国府津-松田断層帯 相模トラフで発生する海溝型地震と同時に活動すると推定
⑥伊勢原断層 7.0程度 ほぼ0~0.003%
⑦三浦半島断層群 主部(衣笠・北武断層帯) 6.7程度もしくはそれ以上 ほぼ0~3%
主部(武山断層帯) 6.6程度もしくはそれ以上 6~11%
南部 6.1程度もしくはそれ以上 不明
⑧鴨川低地断層帯 7.2程度以上 不明

※2020年1月1日算出
出典:地震本部 東京都の地震活動の特徴
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_kanto/p13_1_tokyo/



地震・断層の活動サイクル

日本海溝沿い
超巨大地震(東北地方太平洋沖型)
最後の地震活動:2011年(東北地方太平洋沖地震)
地震の間隔:550年~600年程度

 

福島県沖
地震の間隔:44.1年

 

茨城県沖
地震の間隔:17.6年

 

青森県東方沖から房総沖にかけての海溝寄り
地震の間隔:102.8年

 

沈み込んだプレート内の地震
地震の間隔:22年~29.4年

 

房総沖
地震の間隔:不明

 

相模トラフ
最後の地震活動:1923年9月1日(大正関東地震)
地震の間隔:180年~590年

 

南海トラフ
最後の地震活動
東海・東南海:1944年12月7日(昭和東南海地震)
南海:1946年12月21日(昭和南海地震)
地震の間隔:88.2年

 

①深谷断層帯・綾瀬川断層(関東平野北西縁断層帯・元荒川断層帯)
深谷断層帯
最後の地震活動:約6,200年前以後、約5,800以前
地震の間隔:10,000年~25,000程度

綾瀬川断層(鴻巣~伊奈区間)
最後の地震活動:約15,000年前以後、約9,000年前以前
地震の間隔:45,000~71,000年程度

綾瀬川断層(伊奈~川口区間)
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

 

②越生断層
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

 

③立川断層帯
最後の地震活動:約20,000年前~13,000年前
地震の間隔:10,000年~15,000年程度

 

④曽根丘陵断層帯
最後の地震活動:約10,000年前以後
地震の間隔:概ね2,000年~3,000年

 

⑤塩沢断層帯・平山-松田北断層帯・国府津-松田断層帯(神縄・国府津-松田断層帯)
塩沢断層帯
最後の地震活動:不明
地震の間隔:800年程度以上

平山-松田北断層帯
最後の地震活動:2,700年前
地震の間隔:4,000~5,000年程度

国府津-松田断層帯
地震の間隔:相模トラフで発生する海溝型地震と同時に活動すると推定

 

⑥伊勢原断層
最後の地震活動:5世紀~18世紀初頭
地震の間隔:4,000年~6,000年程度

 

⑦三浦半島断層郡
主部(衣笠・北武断層帯)
最後の地震活動:6~7世紀
地震の間隔:1,900年~4,900年程度

主部(武山断層帯)
最後の地震活動:約2,300年前~1,900年前
地震の間隔:1,600年~1,900年程度

南部
最後の地震活動:約26,000年前~22,000年前
地震の間隔:不明

 

⑧鴨川低地断層帯
最後の地震活動:不明
地震の間隔:不明

東京都の過去の主な地震

太平洋・相模湾

1605年:慶長地震 マグニチュード7.9
1633年:寛永小田原地震 マグニチュード7.0
1703年:元禄地震 マグニチュード7.9~8.2
1782年:天明小田原地震 マグニチュード7.0
1923年:大正関東地震 マグニチュード7.9~8.1
1936年:新島近海 マグニチュード6.3
1957年:新島近海 マグニチュード6.0
1967年:新島近海 マグニチュード5.3
1968年:新島近海 マグニチュード5.0
2000年:三宅島・神津島・新島近海 最大マグニチュード6.5
2005年:宮城県沖 マグニチュード7.2
2008年:茨城県沖 マグニチュード7.0
2009年:駿河湾 マグニチュード6.5
2009年:八丈島東方沖 マグニチュード6.6
2011年:東北地方太平洋沖地震 マグニチュード9.0

 

相模湾~房総半島南東沖にかけてのプレート境界付近で発生した1923年の大正関東地震(関東大震災・マグニチュード7.9~8.1)では当時の東京府で震度5~6を観測しています。

 

大規模な火災も発生し、犠牲者・行方不明者は70,387名と圧倒的な被害を出しています。

 

同じく相模トラフ沿いで起きた1703年の元禄地震(マグニチュード7.9~8.2)でも火災が発生し、江戸で340人が亡くなっています。

 

相模エリアでは約70年のサイクルで起きているという説もあり、まさにいつ起きてもおかしくない時期に入っているとされています。

1633年:寛永小田原地震 マグニチュード7.0
1703年:元禄地震 マグニチュード7.9~8.2
1782年:天明小田原地震 マグニチュード7.0
1853年:嘉永小田原地震 マグニチュード6.7
1923年:大正関東地震 マグニチュード7.9~8.1

 

つまり、それが相模トラフで起きるとされる「首都直下地震」であり、すでに100年近く発生していないんですよね。

 

メディアなどではほぼ触れられていませんが、2011年の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)では8名が亡くなり、119名が負傷するなどの被害を受けています。

 

首都直下地震」が起った際にも確実に被害がもたらされると予想されるため、もしもの時のために備えをしっかりしておきましょう。

 

陸域の地震

818年:弘仁地震 マグニチュード7.9
878年:相模・武蔵地震 マグニチュード7.4
1615年:江戸 マグニチュード6 1/4~6 3/4
1647年:武蔵・相模 マグニチュード6.5
1649年:武蔵・下野 マグニチュード7.0±1/4
1782年:相模・武蔵・甲斐 マグニチュード7.0
1812年:武蔵・相模 マグニチュード6 1/4
1853年:嘉永小田原地震 マグニチュード6.7
1855年:安政江戸地震 マグニチュード7.0~7.1
1894年:明治東京地震(東京湾北部) マグニチュード7.0
1895年:霞ヶ浦付近 マグニチュード7.2
1924年:丹沢地震 マグニチュード7.3
1988年:東京都東部 マグニチュード5.8
1992年:東京湾南部(浦賀水道付近)マグニチュード5.7
2005年:茨城県南部 マグニチュード5.4
2005年:千葉県北西部 マグニチュード6.0

 

東京(江戸)で起きた陸域での地震は、荒川河口付近で発生した1855年の安政江戸地震(マグニチュード7.0~7.1)が有名で、4,000名ほどの犠牲者を出しています。

 

さらに、1894年の明治東京地震(マグニチュード7.0)では31名(東京24名、神奈川7名)が亡くなりました。

 

国が公表している活断層での発生確率はいずれも低くなっていますが、内陸部では多くの地震が起きています。

 

神奈川・埼玉・千葉・茨城・山梨など、隣接する県での地震の影響を受けることもあるので、都内だけではなく周辺の情報もチェックしておきましょう。

まとめ

東京都での最大の要注意ポイントは、相模トラフによる「首都直下地震」および「南海トラフ巨大地震」です。

 

茨城県沖
マグニチュード:7.0~7.5程度
30年以内の発生確率:80%程度

沈み込んだプレート内の地震
マグニチュード:7.0~7.5程度
30年以内の発生確率:60~70%

相模トラフ(プレートの沈み込みに伴うM7程度の地震・首都直下地震)
マグニチュード:6.7~7.3
30年以内の発生確率:70%程度

南海トラフ巨大地震
マグニチュード:8~9クラス
30年以内の発生確率:70~80%

 

それだけでなく、陸地でも過去に多くの地震が起きていますので、東京や近隣の県にお住まいの方は十分に警戒しておきましょう。

 

30年以内ならまだ平気でしょ・・・などと油断せず、防災グッズ、備蓄、被災時の行動、避難場所の確認、家族での話し合いなど、しっかりと備えておくようにしましょう。

 

持ち出しリュックをまだ備えていない方は、早めに用意しておくことをおすすめします。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

 

首都直下地震関連

 

南海トラフ巨大地震関連



地震・噴火・火災カテゴリの最新記事