【山形県】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は?

【山形県】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は?


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

日本に住んでいる限り、気になるのが自分の地域で地震が起きてしまうのかどうかですよね。

 

東京を中心とした「首都直下地震」関東~東海~九州までつながる「南海トラフ巨大地震」、北海道の「千島海溝巨大地震」など、甚大な被害をもたらすとされる地震が注目されています。

 

国では地震が「30年以内」にどこでどれくらいの確率で起きるのか公表していますが、そればかりではなく都道府県事にも出されているんです。

 

ここでは、山形県で発生する可能性のある地震についてまとめましたので、チェックしてみてください。



地震の種類



出典:気象庁 https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/jishin/about_eq.html

地震には、大きく分けて「プレート間地震」「プレート境界地震」と呼ばれるものとプレート内で起こるもので「プレート内地震」に分けられます。

 

そしてさらに細かく分類されているんですよね。

プレート間地震(境界)
収束型
・海溝型地震
・衝突型境界地震
発散型
すれ違い型
プレート内地震
大陸プレート内地震(内陸地殻内地震・断層型地震)
・逆断層
・正断層
・横ずれ断層
海洋プレート内地震
・スラブ内地震
・アウターライズ地震

 

山形県の海溝型地震(30年以内の発生確率)


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

山形県は、日本海東縁部で発生する地震と、陸域の浅い場所で発生する地震が起こりうる主な地震となります。

 

太平洋側での超巨大地震の影響は少ないものの、まったく受けないわけではありません。

 

日本海側でも、秋田県沖、山形県沖、新潟県北部沖などで地震が起きる可能性があります。

 

とはいえ、日本海側での予測では、30年以内はほぼ発生しないとされています。

 

海で起こる地震でいえば太平洋側に注意する必要がありますね。

 

地震マグニチュード発生確率
(30年以内)
日本海東縁部秋田県沖7.5程度3%程度以下
山形県沖7.7前後ほぼ0%
新潟県北部沖7.5前後ほぼ0%
日本海溝沿い超巨大地震(東北地方太平洋沖型)9.0程度ほぼ0%
岩手県沖南部7.0~7.5程度30%程度
宮城県沖7.9程度20%
宮城県沖(ひとまわり小さいプレート間地震)7.0~7.5程度90%程度
宮城県沖の陸寄りの地震(宮城県沖地震)7.4前後60%程度
福島県沖7.0~7.5程度50%程度
青森県東方沖から房総沖にかけての海溝寄りMt8.6~9.030%程度
沈み込んだプレート内の地震7.0~7.5程度60~70%
海溝軸外側8.2前後7%

※2020年1月1日算出
出典:地震本部 山形県の地震活動の特徴
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_tohoku/p06_yamagata/

山形県の活断層地震(30年以内の発生確率)


出典:Craft MAP白地図に筆者が加工

山形県での活断層による大地震も、発生確率を見るとどれもかなり低いか不明なものばかり。

 

ただし、活断層があるということは過去には大きな地震が起きたということなので、注意しておきたいところ。

 

例えば、2018年に起こった「北海道胆振東部地震」は知られている活断層の位置ではありませんでした。

 

まだまだ見つかっていない活断層が数多く存在しているとされ、一気にズレるなんてことも実際に起こっているんです。

 

地震マグニチュード発生確率
(30年以内)
①横手盆地東縁断層帯北部7.2程度ほぼ0%
南部7.3程度不明
②庄内平野東縁断層帯北部7.1程度ほぼ0%
南部6.9程度ほぼ0~6%
③新庄盆地断層帯東部7.1程度5%以下
西部6.9程度0.6%
④山形盆地断層帯北部7.3程度0.003~8%
南部7.1程度1%
⑤長井盆地西縁断層帯7.7程度0.02%以下
⑥長町-利府線断層帯7.0~7.5程度1%以下
⑦福島盆地西縁断層帯7.8程度ほぼ0%
⑧会津盆地西縁・
東縁断層帯
会津盆地西縁断層帯7.4程度ほぼ0%
会津盆地東縁断層帯7.7程度ほぼ0~0.02%

※2020年1月1日算出
出典:地震本部 山形県の地震活動の特徴
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_tohoku/p06_yamagata/



地震・断層の活動サイクル

日本海東縁部
秋田県沖
地震の間隔:1,000年程度以上

 

山形県沖
最後の地震活動:1833年12月7日(庄内沖地震)
地震の間隔:1,000年程度以上

 

新潟県北部沖
最後の地震活動:1964年6月16日(新潟地震)
地震の間隔:1,000年程度以上

 

日本海溝沿い
超巨大地震(東北地方太平洋沖型)
最後の地震活動:2011年3月11日(東北地方太平洋沖地震)
地震の間隔:550年~600年程度

 

岩手県沖南部
地震の間隔:88.2年

 

宮城県沖
地震の間隔:109年

 

宮城県沖(ひとまわり小さいプレート間地震)
地震の間隔:12.6~14.7年

 

宮城県沖の陸寄りの地震(宮城県沖地震)
最後の地震活動:2011年3月11日(東北地方太平洋沖地震)
地震の間隔:38年

 

福島県沖
地震の間隔:44.1年

 

青森県東方沖から房総沖にかけての海溝寄り
地震の間隔:102.8年

 

沈み込んだプレート内の地震
地震の間隔:22年~29.4年

 

海溝軸外側
地震の間隔:411.2年

 

①横手盆地東縁断層帯
北部
最後の地震活動:1896年8月31日(陸羽地震)
地震の間隔:3,400年程度

南部
最後の地震活動:約6,000年前~5,000年前以後
地震の間隔:不明

 

②庄内平野東縁断層帯
北部
最後の地震活動:1894年10月22日(庄内地震)
地震の間隔:1,000年~1,500年程度もしくはそれ以下

南部
最後の地震活動:約3,000年前~18世紀(1780年)
地震の間隔:

 

③新庄盆地断層帯
東部
最後の地震活動:約6,200年前以後
地震の間隔:4,000年程度

西部
最後の地震活動:不明
地震の間隔:4,700年程度

 

④山形盆地断層帯
北部
最後の地震活動:約3,900年前~1,600年前
地震の間隔:約2,500年~4,000年

南部
最後の地震活動:不明
地震の間隔:2,500年程度

 

⑤長井盆地西縁断層帯
最後の地震活動:約2,400年前以後
地震の間隔:5,000年~6,300年程度

 

⑥長町-利府線断層帯
最後の地震活動:約16,000年前以後(十分特定できない)
地震の間隔:3,000年程度以上

 

⑦福島盆地西縁断層帯
最後の地震活動:約2,200年前以後~西暦3世紀以前
地震の間隔:8,000年程度

 

⑧会津盆地西縁・東縁断層帯
会津盆地西縁断層帯
最後の地震活動:1611年9月27日(会津地震)
地震の間隔:約7,400~9,700年

会津盆地東縁断層帯
最後の地震活動:約3,000年前~2,600年前
地震の間隔:約6,300年~9,300年

山形県の過去の主な地震

活断層による陸域での地震の発生確率は低くなっていますが、過去には大地震が起きているという事実もあります。

 

そのため、油断せずに地震が起きた時のための備えをしっかりとしておくようにしましょう。

 

山形県に被害をもたらした地震について、どんなものがあったのか見ていきましょう。

日本海東縁部

1833年:山形県沖 マグニチュード7 1/2
1964年:男鹿半島沖 マグニチュード6.9
1964年:新潟地震 マグニチュード7.5
1983年:日本海中部地震 マグニチュード7.7
1993年:北海道南西沖地震 マグニチュード7.8
2019年:山形県沖 マグニチュード6.7

 

1833年の庄内沖の地震、1964年の男鹿半島沖での地震では、津波液状化現象が起きています。

 

同様に1983年の日本海中部地震でも津波が発生しているので、日本海側だからといって警戒を怠らないようにしましょう。

 

北海道~新潟県の沖合では、南北の長い範囲で地震が発生する可能性があります。

 

2019年の山形県沖での地震では、新潟と山形で震度6を観測した地域もあるので、中規模地震は起こりやすくなっているのです。

 

この地震は、北海道でも震度5強を記録しているので、幅広いエリアに被害をもたらしています。

太平洋沖合

869年:三陸沿岸 マグニチュード8.3
1611年:三陸沿岸および北海道東岸 マグニチュード8.1
1793年:宮城県沖(陸奥・磐城) マグニチュード8.2
1835年:宮城県沖(仙台) マグニチュード7.0~7.3
1861年:宮城県沖(陸奥・出羽・磐城) マグニチュード6.4
1896年:明治三陸地震 マグニチュード8.2
1897年:宮城県沖 マグニチュード7.4
1933年:三陸地震 マグニチュード8.1
1936年:金華山沖 マグニチュード7.4
1968年:十勝沖地震 マグニチュード7.9
1978年:宮城県沖地震 マグニチュード7.4
1994年:三陸はるか沖地震 マグニチュード7.6
2003年:宮城県沖 マグニチュード7.1
2005年:宮城県沖 マグニチュード7.2
2008年:岩手県中部(岩手県沿岸北部)マグニチュード6.8
2010年:福島県沖 マグニチュード5.7
2011年:東北地方太平洋沖地震 マグニチュード9.0

 

山形県は日本海側なので、太平洋での地震の影響はそれほど大きくはありません。

 

しかし、東日本大震災では犠牲者が3名、負傷者も45名確認されていますし、絶対に安全とは言えませんので注意しておく必要があります。

陸域の地震

1804年:象潟地震 マグニチュード7.0
1894年:庄内地震(秋田・山形の県境) マグニチュード7.0

 

山形県で起きた陸域での地震は、あまりないんですよね。

 

とはいえ、秋田と山形の県境で起きた1894年の庄内地震では、犠牲者が726名も出てしまっています。

 

もちろん、時代が違うので建物などの耐性にかなりの違いはありますが、それでも被害をもたらしたことには違いありません。

 

亀裂が走ったり、土砂も噴出したというのだから、今後起きたとしたら揺れ意外の二次災害の可能性にも注意する必要がありそうですね。

群発地震

1944年に起きた左沢地震では、最大マグニチュード5.5が起こりましたが、本震が起きた後に余震が発生しています。

 

1996年には宮城県鳴子町鬼首付近で、マグニチュード6.1(逆断層型)から、マグニチュード5.8(横ずれ断層型)が起きています。

 

山形県の北東部にも影響し、最上町では最大マグニチュード5.3となっています。

 

群発地震は、活火山の近くで起こることから関連が注目されますが、まだ関連性について分かっていないのが現実です。

まとめ

山形県で発生する可能性が高い地震はあまりないとされています。

 

 

宮城県沖
(ひとまわり小さいプレート間地震)
マグニチュード:7.0~7.5程度
30年以内の発生確率:90%程度

宮城県沖
(陸寄り)
マグニチュード:7.4前後
30年以内の発生確率:60%程度

沈み込んだプレート内の地震
マグニチュード:7.0~7.5程度
30年以内の発生確率:60~70%

 

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)と同様の地震はほぼ起きないとされていますが、太平洋側、日本海東縁部、陸域どこで起きてもおかしくありません

 

山形県は太平洋側に比べれば安全かもしれませんが、油断せず、防災グッズも気持ち的にもしっかりと備えておくようにしましょう。

 

持ち出しリュックをまだ備えていない方は、早めに用意しておくことをおすすめします。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

 

首都直下地震関連

 

南海トラフ巨大地震関連



地震・噴火・火災カテゴリの最新記事