【防災】寝室で寝ている時に地震が発生したらどうすればいい?家具・寝具のレイアウトに注意

【防災】寝室で寝ている時に地震が発生したらどうすればいい?家具・寝具のレイアウトに注意

大地震がいつ起きるのか予測がつかないため、寝ている間に被災する可能性もあります。

 

飛び起きて、慌ててしまうと大きな被害となってしまうことも考えられるので、冷静な行動が求められますので注意しておきたい。

 

家具のレイアウトによっては、棚やタンスが倒れてきて身動きが取れなかったり亡くなってしまったりしてしまうので、見直しておくようにしましょう。

 

ここでは、就寝中で地震が発生した場合の行動についてお伝えします。



防災・寝室で寝ている時に地震が発生した場合の行動

深夜に大地震が起きた時には無防備な体勢となっているので、慌ててしまいそうな環境ですよね。

 

しかし、冷静に対応できればしっかりと避難することが可能ですので、ぜひ覚えておいていただきたいところです。

 

また、命を守るためには、事前の備えも大切になってくるので取り入れてみてください。

・布団や枕で頭を守る
・寝室のレイアウトに注意
・足元の怪我に注意
・防災グッズを準備

布団や枕で頭を守る

寝室に限らず、大きな揺れを感じたら頭を最優先に守るようにします。

 

布団や枕で頭を保護し、揺れが収まるのを待ちます。

 

倒れてくる棚やタンスなどの家具から離れ、ガラスが割れることも想定し窓からも離れてください

 

シャンデリアや吊り下げ式の照明を使用してる場合は、やはり離れるようにします。

 

揺れが収まったら、ガラスや散らばった小物により足を怪我しないように慎重に避難します。

 

停電してしまった場合は暗闇になってしまいますが、懐中電灯を近くに用意しておくか、一時的にスマホの灯りを利用して灯りを確保しましょう。

寝室のレイアウトに注意

家具が倒れてきて下敷きになってしまい命を亡くしてしまうことが考えられるので、日頃から家具のレイアウトには注意しておきましょう。

 

また、倒れた時に出入口を塞がないような配置にすることも大切です。

 

できれば背の高い家具は寝室に置かないようにしたい。

 

1995年に発生した阪神淡路大震災では、犠牲者の約8割が家具の転倒や家の倒壊によるものだったと言われています。

 

ベッドや布団の近くに家具や飛び散りそうなモノを置かないように心がけください。

 

吊り照明やシャンデリアを固定のモノに替えたり、樹脂製のモノに替えたり危険の元を減らすように心がけましょう。

 

もちろん、照明の真下で寝ることがないように注意。

 

寝る時の身体の向きに関しても、強い柱の方に頭を向けておくのも命を守るための重要なレイアウトとなります。



足元の怪我に注意

ガラスや小物などにより、足元が危険な状況となるので十分に注意したい。

 

常にスリッパやスニーカーを用意しておくと避難がしやすいのでおすすめです。

 

また、用意できていなかった場合でも、厚手の服を足に巻き付けて代用するのも効果的となります。

 

震災時は、使えるものは何でも代用するという意識を常に持ち、持っているモノが何に使えるか考えてみると良いでしょう。

防災グッズを準備

寝てる時は無防備ということもあり、心を落ち着けるためにも防災グッズを常に用意しておくと便利です。

 

先ほどもお伝えしましたが、スニーカーは必須となりますので準備しておいてください。

・非常用持ち出し袋
・スニーカー(厚底なスリッパ)
・ライト(懐中電灯)
・携帯ラジオ
・スマホの充電バッテリー
・ホイッスル

 

などを、用意しておくようにしたい。

 

ホイッスルは、もし家具や建物の下敷きになってしまった場合に、自分の位置を示すために重要な役割となります。

シチュエーション別に見る防災

命を守る行動」は、その時にいる場所や環境によって適した行動が変わってきます。

 

大きな揺れが起きた時、どんな行動をすればいいのか把握しておくようにしましょう。

 

それぞれの記事で紹介していますので、チェックしてみてください。

キッチン、リビング
トイレ、お風呂
寝室(就寝中)
高層マンション・ビル
屋外
電車、バス
屋内施設(映画館・飲食店・ホテルなど)
買い物中
地下街
会社(オフィス)
帰宅困難
埋立地
車の運転中
登山中
海沿い
津波
要配慮者と一緒
瓦礫の下敷きになったら
ペットの避難

まとめ

寝ている時に地震が発生した場合は、布団や枕などで頭や身体をしっかりと守り、揺れが収まるまで無駄に動かないようにします。

 

窓・吊り照明・家具などから離れて身の安全を確保し、用意したスニーカーやライトを使用し冷静に避難しましょう。

 

寝ている間に犠牲者とならないように、家具や寝床のレイアウトには十分に気を遣い、いざという時を想定して配置するように心がけてください。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

 

首都直下地震関連

 

南海トラフ巨大地震関連



防災カテゴリの最新記事