2019年の台風は何個できた?15号と19号の被害規模のまとめ

2019年の台風は何個できた?15号と19号の被害規模のまとめ

台風による被害が相次いだ2019年でしたが、結局のところ全部で何個発生したのでしょうか?

 

台風15号や19号では、千葉県を中心に影響を受け、全国的に河川の氾濫も目立ちました。

 

2020年以降の参考として、2019年の台風の数や被害についてまとめておきたいと思います。



2019年の台風は何個できた?

2019年の台風は、全部で29個となりました。

 

1月1日に第1号が発生、これは歴代でも一番早いものとなっています。

 

しかし、台風は2月頃にシーズンが終わるものなので、実質は2018年シーズンの台風となる。

 

上陸した台風は6号、8号、10号、15号、19号の5つ。

発生日時消滅日時寿命最低気圧(hPa)
11月1日 6:001月4日 18:003日12時間996
22月19日 18:002月28日 6:008日12時間920
36月27日 12:006月28日 6:000日18時間994
47月2日 06:007月4日 6:002日0時間992
57月16日 6:007月20日 18:004日12時間985
67月25日 18:007月27日 6:001日12時間998
77月30日 18:008月3日 12:003日18時間985
88月2日 12:008月7日 0:004日12時間970
908-04 06:0008-12 18:008日12時間925
108月6日 6:008月6日 12:0010日6時間965
1108-21 06:0008-25 18:004日12時間985
128月28日 0:008月30日 0:002日0時間992
139月2日 0:009月8日 0:006日0時間940
149月2日 12:009月3日 12:001日0時間996
159月4日 18:009月10日 0:005日6時間955
169月15日 0:009月16日 12:001日12時間1000
179月19日 0:009月23日 0:004日0時間970
189月28日 0:0010月3日 6:005日6時間965
1910月5日 18:0010月13日 3:007日9時間915
2010-17 00:0010-21 12:004日12時間970
2110月19日 6:0010月25日 12:006日6時間935
2210月29日 18:0010月31日 6:001日12時間992
2311月2日 12:0011月9日 0:006日12時間905
2411月5日 12:0011月11日 0:005日12時間975
2511月12日 6:0011月17日 18:005日12時間965
2611月13日 0:0011月20日 0:007日0時間980
2711月20日 0:0011月22日 18:002日18時間990
2811月26日 0:0012月5日 15:009日15時間950
2912月22日 0:0012月28日 6:006日6時間970

台風15号の被害と規模

発生日時:9月4日 18:00
消滅日時:9月10日 0:00
寿命:5日6時間
最低気圧:955hPa
犠牲者:3人
負傷者:150人

9月9日5:00前に、千葉県千葉市付近に上陸

 

「非情に強い」勢力で関東に上陸することは珍しく、関東における過去最強クラスとなった。

 

中心気圧は960hPaあり、最大風速も40m/sと非常に強いものに。

 

千葉県市原市では、ゴルフ練習場の鉄柱が13本ほど倒れたことで、連日ニュースに取り上げられていましたよね。

 

その鉄柱を、無償で撤去した解体業者の「フジムラ」が話題となりました。

 

停電も大規模に発生し、冷房が効かないことによる熱中症でなくなる人も。

 

西佐倉印西病院では、停電後に亡くなり、停電との関連を調査。

 

全体の犠牲者は3人となっていますが、停電による二次災害によって増える可能性もあるんですよね。

 

住宅被害は、千葉県を中心に7万棟以上、9割以上が一部破損となっています。

 

伊豆諸島では、6つの島で600棟以上が損壊。

 

福島県、茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県における住宅の合計被害は

全壊:391棟
半壊:4,204棟
一部破損:72,279棟
床上浸水:121棟
床下浸水:109棟
その他:1,660棟

となっています。

 

千葉県内の送電塔が2本、電柱が84本が倒壊し、2,000本ほどの電柱が損傷した。

 

停電は、千葉県を中心に約93万戸で発生した。



台風19号の被害と規模

発生日時:10月5日 18:00
消滅日時:10月13日 3:00
寿命:7日9時間
最低気圧:915hPa
犠牲者:86人
負傷者:476人
行方不明:3人

10月12日19:00前に、静岡県伊豆半島に上陸

 

上陸時の中心気圧は955hPaで、最大風速は40m/sだった。

 

福島県では阿武隈川流域で多くの川が氾濫し30人が犠牲に。

 

 

10月12日8:00頃には千葉県市原市で竜巻が発生、トラックが横転し1名が病院に運ばれ帰らぬ人に。

 

さらに群馬県富岡市では、裏山が崩れ2棟が全壊し1名が犠牲に。

 

長野県歩が市御市では千曲川にかかる田中橋付近で道路が陥没、車3台が巻き込まれ3人が救助され3人が行方不明に。

 

13日10:00頃、福島県いわき市では、消防ヘリからの救助中に、誤って40メートル上空から落下させてしまい犠牲になってしまう事故も発生。

 

建物は全国で8万棟以上がに被害が出ている。

 

青森県から大分県まで、多くの都府県を合わせた被害は

全壊:3,067棟
半壊:24,948棟
一部破損:26,039棟
床上浸水:11,408棟
床下浸水:22,991棟
公共建物:373棟
その他:8,643棟

また、台風19号は決壊したり氾濫した川の数も多く、阿武隈川や千曲川をはじめ甚大な被害となりました。

 

千曲川決壊の影響で、長野新幹線所領センター内の10編成120両が冠水し。、300億円以上の損害となったという。

 

さらには、相模川水系城山ダムでは緊急放流を行い、相模原市の流域の住民に避難指示を発令。

 

茨城県の花園川水系水沼ダムでも緊急放流を行っています。

 

福島県でも南相馬市の高倉ダムを緊急放流し、下流の水無川や新田川で氾濫というなんとも言えない結果になってしまっています。

まとめ

2019年は台風による被害が印象深い一年となりました。

 

この1年だけが特別だっただけなのか、それとも毎年続くのか、2020年の秋はどのようなことが起きるのか、もはや想像することすら怖いですよね。

 

もしも、川が氾濫したらどうするのか、家が壊れたらどうするのか、家族や地域で話し合っておきたいところです。

 

人ごとではなく、防災グッズを検討したり災害についての知識を学んでおいたりすることも大切な時代となっています。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ



気象・環境カテゴリの最新記事