【お江戸リスクマネジメント】地震から半日で1000坪の仮設住宅ができた!?

【お江戸リスクマネジメント】地震から半日で1000坪の仮設住宅ができた!?


安政の大地震絵図 江戸地震の惨禍

2020年1月13日(月)12:00~テレビ東京で放送の「お江戸のリスクマネジメント~もしもの備え!今と昔~」。

 

現代の地震や火災の対策のルーツは江戸の町にあった!?

 

江戸っ子たちは、燃えやすくて倒れやすい木造の長屋が多かった時代にどのような備えを行って生き延びてきたのか。

 

江戸の災害リスクマネジメントを紹介していく番組となっています。

 

放送内容
火消しで活躍する条件は、イケメンだった
・地震から半日で千坪の仮設住宅ができた
地震保険のルーツは江戸にあった
出演者:林家たい平、東貴博、山崎怜奈

 

ここでは、「地震から半日で千坪の仮設住宅ができた!?」について迫っていきます。



地震から半日で1,000坪の仮設住宅ができた!?

1850年代に連続して起きた大地震、その中でも特に大きな被害をもたらしのが1855年に発生した安政江戸地震でした。

 

まとめて「安政の大地震」と呼ばれ、今で言うところの「首都直下地震」に近いものがあります。

 

震災を逃れた池上本門寺の五重塔には、現代にも活かされている建築構造があります。

 

それは、心柱というもので、五重塔の内部の中心にそびえ立っている柱の存在です。

 

心柱はスカイツリーにも応用されていて、最大50%の揺れを抑えることができるというのです。

 

また、江戸時代にも被災者たちへの心遣いをうかがわせるものがあり、以下の2点が挙げられます。

・江戸っ子ファーストの報道
・超早わざ!迅速すぎる救済処置

江戸っ子ファーストの報道

今では、テレビ、ラジオ、インターネット、新聞などで被害状況が確認でき、電話やメールなどで生存確認を行うことが可能となっています。

 

しかし、江戸時代にそんなものがあるはずもありませんよね。

 

そこで、被害状況を庶民に伝えたものが「かわら版」になります。

 

かわら版は、話題になることなら何でも扱うワイドショー、ゴシップ誌など、娯楽を伝えるものでした。

 

番組では当時のお話「犬人間になった男」というタイトルが紹介されましたが、どんな物語なのか非常に気になるところでしたね。

 

安政の大地震を受けて、出火情報倒壊情報が詳しく書かれているものも出回りました。

 

一般庶民は家族や友人知人の情報を知るのが難しく、情報が行き渡らないことで不安が募ります。

 

しかし、かわら版として流出したことで、心の不安を解消できたとも言われています。

 

飛脚の活躍によって、配達現場の被害状況をかわら版屋に被災地情報とともに提供。

 

地方から上京した家族への呼びかけや想いなどを載せることで「江戸っ子ファースト」の報道となったのでした。

 

まさに、ジャーナリストの先駆けとなったともいえるのです。

 

また、かわら版の中にはナマズを懲らしめている錦絵などを描いた「鰻絵」も流行。


大鯰を懲らしめる民衆を描いた鯰絵

この頃にはすでに、地震を引き越す生物として認識されていたのです。

 

明日からもがんばろう!」「復興への希望」などの意味が込められていたのだとか。

 

超早わざ!迅速すぎる救済処置

かわら版の中には、「上野」「浅草」などの地域の情報とともに「御救小屋(おすくいごや)」の情報も記載されていたものもありました。

 

御救小屋は、今の避難所のようなもので、被災者に向けて建設されたことや何人受け入れ可能かが記載されています。

 

寝泊まりができ、食事も提供してくれるなど被災者に優しい御救小屋。

 

浅草の雷門の前には、1,000人が避難できる大規模なものが造られたという記録も残っています。

 

しかも、その建築スピードは1,000坪をたった半日で完成させたというから驚きです。

 

そのスピードで完成させることができる仕組みが整っていたのだとか。

 

地震の3日後には、おむすび20万人分用意するなど早めの対応が可能となっていました。

 

囲米という米などの穀物をストックしているため備えも十分で、被災者に寄り添ったものになっていたのでした。

 

これらの食べ物はお金持ちの民間人が届けている場合もあり、炊き出しを行うこともあったといいます。



安政江戸地震

発生:1855年11月11日22時頃
震源地:江戸直下
犠牲者:4,000~1万人
マグニチュード:7クラス
震度:7クラス

強い揺れは、隅田川の東側に位置する現在の江東区。

 

隅田川と江戸川に挟まれた場所で揺れが大きくなったとされ、震度6以上は江戸付近のみとなりました。

 

しかし、震度4以上は東北地方南部~東海地方と幅広く影響を受けています。

 

地震直後には、約30ヶ所から火災が発生しましたが、風が弱かったため翌日の10時には鎮火

 

津波の記録はありません。

 

安政江戸地震の前年にあたる1854年12月23日には、マグニチュード8.4レベルの「安政東海地震」が発生。

 

さらに、その約32時間後には、マグニチュード8.4レベルの「安政南海地震」も発生。

 

この3つの地震を合わせて「安政三大地震」と呼ばれています。

 

まとめ

安政の大地震の後には被災者に寄り添った対応がなされ、かわら版による被害状況の掲載や、避難所の設置が行われました。

 

また、倒壊しなかった池上本門寺の構造である心柱は、スカイツリーなど現代の高層建築にも活かされています。

 

地震のみならず気象による災害も多くなってきている現代において、江戸の災害を改めて考えることで防災への意識も高めていきたいところですね。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

 

首都直下地震関連

 

南海トラフ巨大地震関連



防災カテゴリの最新記事