冷夏とエルニーニョ現象の関係!台風の発生には太平洋とインド洋も関係

冷夏とエルニーニョ現象の関係!台風の発生には太平洋とインド洋も関係

夏の気温が低ければ、家庭の食卓にも影響が飛び火してきます。

 

野菜やお米の値段の高騰となれば、節約したり献立を工夫したりしなくてはなりませんよね。

 

そもそも冷夏ってどうやって起きてしまうのでしょうか?

 

よく聞くエルニーニョ現象っていったいどんなものなのでしょうか?



冷夏とエルニーニョ現象の関係!

冷夏となれば農業に大きな被害をもたらし、農作物が不作となってしまいます。

 

市場に出回る野菜やお米はおのずと少なくなり品不足に。

 

一つ一つの値段が上がってしまいまうという仕組みとなっています。

 

冷夏が起きる原因の一つとして考えられているのがエルニーニョ現象です。

 

エルニーニョ現象が起きている年は、冷夏となることが多いが、猛暑となるラニーニャ現象が起きていた年でしたが冷夏になったことも。

 

さらに、エルニーニョ現象が発生しなかった1992年、1997年、2002年でも冷夏となったため、一概に言えるものでもありません。

冷夏とは?

冷夏とは、平年の夏の気温と比べて低い夏のこと。

 

6~8月の平均気温で気象庁が定める「低い・少ない」に相当すると冷夏となるのです。

直前30年間の観測値が基準となる3階級
・低い・少ない:値が小さい方から順番に10番目まで
・平年並:11~20番目まで
・高い・多い:21~30番目

冬であれば「低い・少ない」であれば寒冬、「高い・多い」は暖冬と表現されます。

 

1990~2019年までの30年間を参考にしている場合は、「2019年統計」という。

 

また、1993年は記録的な冷夏で米不足となり「1993年米騒動」とまで呼ばれている。

エルニーニョ現象とは?

エルニーニョ現象とは、太平洋にある日付変更線よりも東側に当たる赤道付近の海面が平年よりも高くなる現象で、一年以上続きます。

 

太平洋では貿易風という東風が吹いています。

通常は、太平洋の西側に暖められた海水が運ばれますが、エルニーニョ現象になれば貿易風が弱まり東側に戻ってしまう。

海面が暖かければ、多くの水蒸気ができ海面の気圧は低くなり、東風が弱まる傾向にあるのです。

 

つまり、西側では水温が低くなり、積乱雲が影を潜めてしまうのです。

 

また、通常であれば日本付近にいる太平洋高気圧も西側にずれ込んでしまうため冷夏となりやすくなる。

 

逆に冬は、西高東低ではなくなるために暖冬になりやすくなります。

 

ちなみにエルニーニョとは、男の子、神の子キリストという意味とのこと。

 



エルニーニョ現象と台風の関係

エルニーニョ現象は東の太平洋の海面水温が高い状態ですがそれが弱まってくれば、次にインド洋で海面水温が上昇するという。

 

すると暖かい海面のインド洋域では高気圧が強くなり、台風の活動は収まってしまいます。

 

そのため、エルニーニョ現象が終わる翌年の春から夏は台風の発生が少なくなるという。

 

しかし、夏の後半から秋は、インド洋の温度も収まり、高気圧も東に移動。

 

すると、台風の発生回数が増えるというのです。

 

2014~2016年にかけて発生したエルニーニョ現象は、2016年夏に弱まりを見せ、夏の後半から北海道に3つ上陸。

 

合計で日本に6個上陸し、当時歴代2位の記録となった。

まとめ

日本の冷夏の原因の一つとされているエルニーニョ現象は、台風の発生にも影響している可能性が高い。

 

冷夏になれば、野菜やお米などの高騰を引き起こすため、これからの夏は大丈夫なのか気になるところでしょう。

 

全てではないにしても、エルニーニョ現象の状況が分かれば予測がつくかもしれませんので、注意しておくとよいかもしれません。

 

ちなみに、気象庁が出している予想ではこのようになっています。

エルニーニョ現象の発生率
2020年1月:10%
2020年2月:10%
2020年3月:20%
2020年4月:20%
2020年5月:20%

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ



気象・環境カテゴリの最新記事