震度とマグニチュードの違いとは?地震計測はいつから始まった?

震度とマグニチュードの違いとは?地震計測はいつから始まった?

地震の単位には「震度」と「マグニチュード」という2つの表示の仕方がありますが、その違いって分かりますか?

 

震度やマグニチュードの値が高いとそれだけで怖くなってしまいますが、理解しておくことで大まかな規模が把握できるので、ぜひ覚えておいてください。

 

結論から言うと、以下が答えです。

震度=揺れの大きさ
マグニチュード=規模の大きさ

 

とはいえ、数値が小さいからといって安全というわけではないので、それぞれの詳細を理解しておきましょう。

 



震度とマグニチュードの違いとは?

地震に関する単位の「震度」と「マグニチュード」は、改めて簡潔に表すと

震度=揺れの大きさ
マグニチュード=規模の大きさ

となります。

 

つまり、マグニチュードが大きくても震源が地下深い場所であれば、体で感じる揺れは小さくなります。

 

逆に、地上に近い場所であれば、マグニチュードの値が小さくても大きく揺れるということになるんです。

震度

現在の日本で表されている震度は、以下の10段階

 

地震の観測は、現在、全国で約4,400の地点で行われています。

・震度0
・震度1
・震度2
・震度3
・震度4
・震度5弱
・震度5強
・震度6弱
・震度6強
震度7

 

今のところ震度の最大は7で、気象庁では次のように明記しています。

 

立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある

 

震度による揺れの体感


出典:気象庁 https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/shindo/index.html

 

震度と揺れの状況の目安は以下となっています。

 

震度0
人は揺れを感じないが、地震計には記録される。

 

震度1
屋内で静かにしている人の中には、揺れをわずかに感じる人がいる。

 

震度2
屋内で静かにしている人の大半が、揺れを感じる。眠っている人の中には、目を覚ます人もいる。

 

震度3
屋内にいる人のほとんどが、揺れを感じる。歩いている人の中には、揺れを感じる人もいる。眠っている人の大半が、目を覚ます。

 

震度4
ほとんどの人が驚く。歩いている人のほとんどが、揺れを感じる。眠っている人のほとんどが、目を覚ます。

 

震度5弱
大半の人が、恐怖を覚え、物につかまりたいと感じる。

 

震度5強
大半の人が、物につかまらないと歩くことが難しいなど、行動に支障を感じる。

 

震度6弱
立っていることが困難になる。

 

震度6強
立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある。

 

震度7
立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある。

出典:気象庁 https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/shindo/kaisetsu.html

地震の震度計測はいつから始まった?

日本で地震計による観測が始まったのは、1872年(明治5年)のことです。

 

1884年(明治13年)には、18ヶ条の「地震報告心得」をまとめ、全国の約600ヶ所の郡役所から情報を収集しています。

 

当時の階級は以下の4階級

・微震
・弱震
・強震
・烈震

 

1898年(明治31年)に以下へ変更。

・微震(感覚ナシ)
・微震
・弱震(震度弱キ方)
・弱震
・強震(震度弱キ方)
・強震
・烈震

 

1936年(昭和11年)に以下へ変更。

・無感
・微震
・軽震
・弱震
・中震
・強震
・烈震

 

その後、1949年(昭和24年)に地震観測法が改正となり、震度0~7の8段階になりました。

 

さらに、1996年(平成8年)現在の10段階に変更となったのでした。


マグニチュード

マグニチュードは、震度とは異なる指標値で、地震が発するエネルギーの大きさを表しています。

 

-2.0から0.5刻みで12.0まで示されますが、実際に地球で起こりうるマグニチュードは10.0までとされています。

 

世界で一番大きい数値を出したのは、1960年に起きたチリ地震のマグニチュード9.5

 

マグニチュードによって地震の名称は大きく7つに分かれています。

・極微小地震:-2.0~0.5
・微小地震:1.0~2.5
・小地震:3.0~4.5
・中地震:5.0~6.5
・大地震:7.0~7.5
・巨大地震:8.0~8.5
・超巨大地震:9.0~10.0
・参考:10.5~12.0

 

ちなみに、マグニチュード12.0は地球が真っ二つに割れる規模とのことなのですが、それってどんな規模なの!?って話しですよね。

まとめ

震度は、0~7の10段階で示され、マグニチュードは-2.0~12.0で表されています。

 

マグニチュードはいくつかの計算方法があるのですが、日本では「Mj」が使われ、一般的には単純に「M」表記となります。

 

大きな地震が多く起きれば、震度4や5がたいしたことないと思っちゃいそうですが、弱っている家屋なんかは倒壊する可能性もあるので注意してください。

 

山沿いや斜面の近くでは、水分を含んでると土砂災害が起きることがあるので、十分に注意するようにしましょう。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

首都直下地震関連

 

南海トラフ巨大地震関連



地震・噴火・火災カテゴリの最新記事