【マヨット島】世界で大地がうなり声?地震が相次ぎ新しい海底火山が誕生!

【マヨット島】世界で大地がうなり声?地震が相次ぎ新しい海底火山が誕生!

世界中で異常な大地の地震シグナルが観測され、異常なうなり声を上げているのだという。

 

2018年5~6月にかけて観測されたもので、11月には20分も続いたとされています。

 

これは、新しい海底火山が作られている段階に発生したものだという研究結果が、科学誌のネイチャー・ジオサイエンスに発表となった。

 

って、知らず知らずのうちに世界ではそんな大規模なことが起こっていたちは・・・火山誕生の瞬間に立ち会おうとしているという奇跡に今後も注目が集まります。



世界で大地がうなり声を上げている?

2018年5~6月に観測された地震は、7,000回以上となった。

 

その中で一番の揺れを記録したのは、5月に起きたマグニチュード5.9のものだったとのこと。

 

20~30分という長い時間で続いたシグナルは407回検出。

 

VLPというこのシグナルは、低い周波音となっているという。

 

異常な地震を調査して見つけ出した場所は、インド洋にあるマヨット島

 

アフリカ大陸とマダガスカルの間に位置するコモロ諸島に位置する島となっています。

 

地震とシグナルは、マヨット島から東に35キロメートルほどの海底で発生。

 

このあたりの火山は活動する気配はないものの、研究チームはマグマ活動が活発になっていると予測。

 

しかし、観測地点がないため陸地からのみの観測に留まった。

マヨット島付近で新しい海底火山が誕生

島の海抜が約18センチメートル低くなっていたことが分かり、地震と関連していると思われる。

 

地下29キロメートルほどの地点にあるマントルにあるマグマが海底から噴出

 

新しい海底火山が作られ始め、2019年5月には火山が形成されたことを裏付ける海洋の活動が観測された。

 

研究チームでは、マヨット島の海底でマグマだまりが崩壊したと考えているとのこと。

 

しかし、不思議なことにマヨット島の住人26万人のうち、この事態に気づいた人はほとんどいなかったという。

 

海底が3キロメートルの深さのため気づかなかったと指摘されていますが、今後はさらに強い地震が起きる可能性もあり注意が必要となっている。



コモロ諸島・マヨット島

コモロ諸島は以下の4つの火山島で作られています。

・グランドコモロ島
・アンジュアン島
・モヘリ島
マヨット島

マヨット島で最後に噴火したのは4,000年ほど前のこと。

 

1975年にコモロがフランスから独立する際、マヨット島だけがフランス支配を継続

 

1974年に行われた住民投票により決定する運びとなりましたが、独立に反対する人が多かったことから唯一フランスに取り残された。

 

1976年に、再び住民投票を行うもののフランス残留に。

 

フランスの不正があるという疑いがあり、国連総会はコモロへの帰属を決議。

 

しかし、フランスが決定に従わず、結局2011年からフランス海外県という立場に落ち着いている。

 

コモロは、併合を求めていますが実現にいたっていません。

まとめ

コモロ諸島のマヨット島付近で、海底火山が新しく誕生。

 

異常なシグナルと地震などのうなり声を調査し、研究チームがたどり着いた。

 

今後、マヨット島での大規模な地震も懸念されていることもあり、今後の動向に注目です。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ



地震・噴火・火災カテゴリの最新記事