プエルトリコでM6.5の地震が発生!観光名所が崩壊!津波の心配は?

プエルトリコでM6.5の地震が発生!観光名所が崩壊!津波の心配は?

2020年1月7日4時24分(日本時間17時24分)頃に、プエルトリコでマグニチュード6.4の地震が発生

 

前日6日にもマグニチュード5.8の地震も起きていてたという。

 

大きめの揺れがあった翌日の大地震、そう考えると日本も非常時に備えておく必要がありそうですね。

 

ここでは、プエルトリコの地震の情報について、分かっている情報をまとめおきたいと思います。


プエルトリコでM6.5の地震が発生!震源地は?

プエルトリコは、アメリカ領の自治連邦区であり正式には国ではありません。

 

カリブ海北東に位置し、島の面積は四国ほどの大きさ。

 

今回の地震の震源地は、南部に位置するポンセから南に13.6kmの南西沖

 

震源の深さは10kmと推定され、30秒ほど揺れが続いたとのこと。

 

プエルトリコは、ハリケーンの被害を度々受けていて、2017年には「ハリケーン・マリア」によって大きな被害を受けています。

 

さらに、2019年12月28日からは地震が発生し、1月6日にもマグニチュード5.8の地震が起きている。

 

犠牲者は出ていませんでしたが、1月7日に発生したマグニチュード6.4の地震では少なくとも1人が犠牲に。

 

346人が家を失ったという。

プエルトリコ地震で岩トンネル「プンタ・ベンターナ」が崩壊!停電!

地震の影響で、天然岩のアーチである「プンタ・ベンターナ」が崩壊。

人気のトンネルとして有名な場所でしたが、上部が崩落してしまった。

 

「プンタ・ベンターナ」とは、スペイン語で「ウインドウ・ポイント」のことで、まさに窓に見えるという意味だったのです。

 

天然岩なので、元に戻ったとしても人工物になってしまう。

 

とはいえ、復興のシンボルとして、今後どうなっていくのかにも注目していきたい。


プエルトリコ地震での津波の心配は?

地震直後に津波警報が発令されましたが、解除されています。

 

とはいえ、20cmほどの津波が観測されたという情報も。

 

一方で、ライフラインは電力供給が自動的にストップされ、停電となった。

 

さらに断水されていることもあり30万人に影響しているという。

まとめ

2020年1月7日にプエルトリコでM6.4の地震が発生し、停電・断水に。

 

1人が犠牲となり、家を失った人も300人を超える規模となっています。

 

10日ほど前から地震が続いていたとうことからも、日本で頻発している小さな地震にも注意しておきたいところです。



地震・噴火・火災カテゴリの最新記事