2020年に見えるスーパームーンは4月8日(水)11時35分頃!月ごとの満月の日付一覧

2020年に見えるスーパームーンは4月8日(水)11時35分頃!月ごとの満月の日付一覧

月が地球に最接近した時の満月のことを意味する「スーパームーン」。

 

毎回ニュースなどでも取り上げられ、注目される天体観測の一つとなっていますよね。

 

気になる2020年のスーパームーンは、4月8日(水)11時35分頃

 

また、毎月の満月の日付と時間帯の一覧もまとめて見たので参考にしてみてください。



2020年に観測できるスーパームーンはいつ?4月8日(水)11時35分頃!

2020年のスーパームーンは4月8日(水)11時35分頃となり、日中であるため観測しにくい時間帯となってしまいます。

 

そのため、4月8日(水)の夜に、最もスーパームーンに近い状態を見ることができることになりますね。

 

月が地球をまわる軌道は楕円であるため、地球との距離は約35万7,000~40万6,000キロメートルまで変化します。

 

スーパームーンは、最大で14パーセント大きく見え、30パーセント明るくなると言われています。

2016年のスーパームーンは68年ぶりの大接近

スーパームーンのなかでも、最接近してから前後1時間以内に満月や新月を迎えることを「エクストリーム・スーパームーン」や「エクスト・スーパームーン」と呼ばれることがあります。

 

およそ18年に一度現れるレアなスーパームーンで、1950年以降で見てみると以下の年に観測されています。

・1955年
・1974年
・1992年
・2011年
・2014年

 

2016年は、68年ぶりに大接近(35万6,511キロメートル)し、約2時間30分後に満月を迎えた。

 

しかし、前後1時間の条件ではなかったため、エクストリーム・スーパームーンの条件に当てはまりませんでした。

 



2020年に見える満月の月ごとの日付一覧

2020年の満月となる日位置の一覧はこちらとなります。

月日時刻
1月11日(土)4時21分
2月9日(日)16時33分
3月10日(火)2時48分
4月8日(水)11時35分
5月7日(木)19時45分
6月6日(土)4時12分
7月5日(日)13時44分
8月4日(火)0時59分
9月2日(水)14時22分
10月2日(金)6時5分
10月31日(土)23時49分
11月30日(月)18時30分
12月30日(水)12時28分

 

2020年は10月に2回見られ、合計で13回満月が訪れます。

 

4月8日(水)11時35分頃にスーパームーンとなり2020年で一番大きい満月。

 

10月31日(土)23時49分に、2020年最小の満月となります。

出典:AstroArts 天文現象カレンダー

まとめ

2020年のスーパームーンは、4月8日(水)11時35分頃となりますのでその夜はぜひ天候が良くなってほしいところです。

 

スーパームーンという言葉は、天文学の正式な用語ではないため明確な定義はありません。

 

また、満月にはいろんな名前がありますので、あわせて覚えておくと良いかもしれませんね。



天体・宇宙カテゴリの最新記事