【地震の前兆?】赤い夜空が三重県津市で目撃!原因はトマトが関係している?

【地震の前兆?】赤い夜空が三重県津市で目撃!原因はトマトが関係している?

2020年3月10日(火)の深夜、三重県津市で赤い光に包まれる夜空が目撃されました。

 

ツイッターにも投稿されていますが、地震の前兆ではないかと心配する人もいます。

 

原因はいったい何なのでしょうか。



三重県津市で赤い夜空が目撃される!原因はトマトが関係している?

三重県津市で見られた赤い空は、3月10日(火)23時頃からおよそ3時間にわたって南の空に目撃されています。

 

当日の津地方では、雨が降り午後からは濃霧注意報が出ていたといいます。

 

担当者曰く、雨上がりの湿った空気に街の光が反射したのではないかとのこと。

 

その正体について、2019年10月21日の夕刊三重新聞社の記事で言及しています。

 

記事のよると、松阪市嬉野地域から見て北北東の空が赤く染まっていたといいます。

 

その原因となったのは、嬉野新屋庄町のトマト栽培用の巨大ハウスから出されている光

 

気象台が話していたように、ハウスの光が空気中の水分に反射したものというのが正解のようですね。

 

過去にも目撃されています

同じ場所と思われる写真が過去にもツイッターに投稿されています。

 

そりゃそうですよね。

 

ハウス栽培が続く限り、天候によっては空が紫に近い赤に染まるということですからね。

 

おそらくですが、情報をまとめると「うれし野アグリ株式会社」によるものですね。

 

「房どりミニトマト」という房が付いたままいくつも連なるかわいらしいミニトマトが名産のようですよ。

 



赤い空は雨の前兆!?

三重県で見られた赤い空は、人工的な光が原因でしたが、自然に異常な赤さとなることもありますよね。

 

燃えるような赤い空が見られた時は、空気中の水蒸気が多い場合や梅雨前線などが近い場合に観測されやすくなります。

 

しかし、一般的には「夕焼けが見えた次の日は晴れ」とされ、空が赤くなった翌日は晴れることが多いのです。

 

これは、天気は西から変化することが多く、日が沈む西の空に太陽を隠すような厚い雲がないため赤く染まるとされています。

 

一方、雨を降らせる夕焼けの場合は、西の空の地平線付近まで雲が広がっている時などに見られます。

 

夕日が高い位置で隠れている場合や、黒っぽい赤の場合は雨になりやすいので注意しておきたい。

まとめ

三重県で見られる紫がかった赤い空の正体は、トマト栽培の光によるものです。

 

空気中の水分が多くなる雨上がりなどの気象条件で現れ、決して地震の前兆ではありませんでしたね。

 

また、夕焼けが赤黒い不気味な色となっている場合は、翌日に雨が降る可能性が高いので覚えておくと良いかもしれません。

 

3WAY 防災バッグ【ミヤビワークス】
→「持つ・背負う・転がす」3つのスタイル・防水仕様
オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)【ミヤビワークス】
→玄関のドアにくっつける新しい収納方法を実現
防災・避難35点セット【セーフティプラス】
→26種類35点の定番セット・女性や高齢者でも持ち運びやすい設計
SHELTERシリーズ【LA・PITA】
→国内最大級の防災グッズメーカー防災リュック・Amazonや楽天では常に上位の人気商品
防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】
→防災士が被災者の声を元に形にした防災用品ブランドの人気商品

 

»【防災グッズ】持ち出しリュックセットに最低限用意しておくべき中身一覧リスト

»【防災グッズ】家の備蓄セット(自宅避難用)に絶対に必要なもの一覧リスト

»【防災グッズ】普段持ち歩くバッグの中に必ず入れておきたいもの一覧リスト

»【防災グッズ】職場にも備えておきたいもの一覧リストを紹介!

»【防災】災害で生き残るには72時間が勝負!避難行動シーン別まとめ

 

あわせて読みたい



予言・予知カテゴリの最新記事